「不倫を知った日」っていつ?

 

不倫の時効

民法第724条の規定に、

「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。」

とあります。

 

不倫を知った日から3年間経ってしまうと、

時効が成立してしまうのです。

 

では、

この”損害及び加害者を知った時”、

つまり「不倫を知った日」とは、

いつを指すのでしょうか?

”損害及び加害者を知った時”とはいつ?

不倫を知った日と聞くと、

いつが思い浮かぶでしょうか。

 

夫の携帯を見たら、

なにやら親密なLINEを発見した時?

見知らぬ女からの着信履歴があった時?

2人で食事したレシートが見つかった時?

見知らぬ女とラブホテルに入ったのを見た時?

 

民法第166条1項には、

消滅時効は、権利を行使することが出来るときから進行する。

とあります。

 

つまり、

不倫相手に慰謝料請求をできる準備が整ったときが、「不倫を知った時」となります。

 

判例によれば、

被害者が損害の発生を現実に認識し、

加害者の住所氏名を確認したときから、

時効のカウントが

スタートすることになります。

 

▼時効完成前に、

慰謝料請求と「二度としない」約束を

>>示談書について詳しく読む

 

▼内容証明郵便によって、

時効のカウントを中断することができます。

>>内容証明郵便について詳しく読む

 

➤ 示談書を作成する

➤誓約書を作成する

➤ 料金表

➤ 作成の流れ

➤ お客様の声・実例ご紹介

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です