【妊娠中の不倫②】夫の不倫が発覚したときにするべき鉄則

▼前編はこちらへ

前回は、妊娠中に夫が不倫する理由について
まとめました。
では実際に、夫の不倫が発覚したら、
どうしたらよいのでしょうか。
大切なのは、すべてにおいて、
「はっきりさせること」です。

①不倫の原因をはっきりさせる

妊娠中の夫を不倫に駆り立てる理由は
複数ありますが、
自分の夫の場合、どれが原因なのか?
複数あてはまるのであれば、
それぞれ何割程度なのか?

不倫した理由をはっきりさせてください。

なるべく冷静に、不倫した理由を
夫から聞き出しましょう。
夫に円グラフを書いてもらってもいいです。
(ただしこれは夫からみた原因ですので、
あとからあなたの視点も加えて、
総合的に判断しましょう)

 

②それぞれの原因の解消案をはっきり考える

不倫に至った原因がわかったら、
優先順位の高い順に、
解決策を夫婦で考えましょう。

なるべく具体的な案の方が、
今後やるべきことがはっきりします。

抽象的な例)

・相手を尊重する
・思いやる

具体的な例)

・平日夜は最低10分、
夫婦で会話する時間を作る

・月に1度は、
おしゃれをして夫婦でランチをする

 

③不倫についてはっきりと謝罪してもらう

うやむやになるのが一番よくありません。
口頭の謝罪のみで済ませてしまうと、
「『ごめん』と言えば許してもらえる」
と学習してしまいます。

再発を防ぐためにも、
・不倫の事実、詳細
・謝罪、反省
・次不倫したときのペナルテイ
等を紙にまとめ、サインしてもらい、
厳重に保管しましょう。

➤不倫した配偶者に書かせる誓約書

 

 

④不倫相手についてはっきりさせる

「飲み屋の女だから本名は分からない」
「もう別れたし家も知らない」
不倫相手について、
うやむやにされることも多いです。

夫からすると、不倫相手のことを
うやむやにすることで、
自分の罪をごまかすと同時に、
不倫相手に恨まれることを
避けようとしている場合があります。

不倫相手にはいい顔しか見せない夫。
それを崩したくないのです。

しかしこれでは、
不倫の事実がはっきりしないだけでなく、
不倫関係が長引いたり、
復活したりする可能性もあります。

不倫相手の氏名、住所、連絡先は、
出来るかぎりおさえておきましょう。

⑤不倫相手と今後についてはっきりさせる

不倫相手と連絡がつくのであれば、
・謝罪
・今後夫に近づかないこと
・慰謝料の支払い
等について約束させましょう。

不倫相手の対応をうやむやにすると、
「バレても大丈夫」
「あの奥さんは黙認してくれる」
と、不倫を助長することになりかねません。

不倫をすると、どうなるのか、
を不倫相手にはっきりと示しましょう。

 

➤不倫相手と交わす示談書

不倫の示談書・誓約書作成で当事務所が選ばれる理由

また、当事務所は価格以上に
内容・質に力を入れており、おかげさまで
ご好評いただいております。
単なるA4コピー用紙や、word、pdfデータで終わらせない、改ざん防止の機能性と、相手にプレッシャーを与える重厚な装丁。
国家資格である行政書士が責任を持って作成した証である行政書士の記名、行政書士職印の押印。
お客様から寄せられた疑問や不明点等の声を活かした、特別なマニュアル。
慣れたメールやLINEで相談できる気軽さ。
詳しく知りたい方は、不倫相手との示談書作成不倫した夫にサインさせる誓約書をご参照ください。

▼まずはご状況をお知らせください

 

《うやむや→はっきり》で、終息と再発防止を

夫の不倫が発覚したら
・原因と対策をはっきりさせる
・夫の意志をはっきりさせる
・不倫相手への態度をはっきりさせる
すべてを明確にすることで、
不倫を終わらせ、
再発を防止し、
夫婦関係の再構築へと進みましょう。

▼続きはこちら

 

「どれからはじめたらいいのか分からない

「今の自分に最適な方法が知りたい」

という方はこちら▼

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です