不倫した夫がこの内容の誓約書で承諾してくれるか不安…そんなときは

誓約書を作成する場合、
事前に不倫した配偶者に、
①誓約書の内容に承諾していただくこと
②誓約書へのサインに同意していただくこと
これらのことを確認していただくのが、
一番望ましい流れです。

いざサインするという段階になって、
「こんなものにはサインできない!」
と言われてしまうトラブルを避けるためです。

確認を取らない場合

しかしご家庭の状況によっては、
夫に確認が取れない
   or
 取りたくない
と言うお客様もいらっしゃいます。
「この項目をいれたいけれど、
夫は嫌がるかもしれない…」
といった場合には、
いくつかの対策があります。

①二重線で訂正し、訂正印を押す

ご主人の希望により、
内容を部分的に変更するのであれば、
変更箇所を二重線で消して訂正印を押し、
その上に変更する内容を
直接書き込んでいただくことも可能です。

誓約書の効力には影響がありませんので、
ご安心ください。

②お客様で作り直して差し替えていただく

こちらで作成した誓約書をもとに、
お客様自身でワード等で
作成し直していただくことも
もちろん可能です。

この場合、
新しい紙に出力していただくことになるため、
行政書士による記名・押印はなくなります。
(誓約としての効力には
影響はございませんが、
「行政書士が作成した」
という記録がなくなります。)

③内容変更のご依頼をいただく

・手書きの字や訂正印で汚したくない
・行政書士の記名・職印は残したい

上記の場合は、
書類の内容変更・再作成をご依頼ください。
製本後の初回1回は、
無料で再作成いたします。
それ以降の再作成は以下の通りです。
誓約書の内容変更(2回目以降の修正・再作成)
作成物:内容を修正・変更した誓約書1部
料金:¥5,400(税込)

こちらで内容を修正・変更し、
本紙のみをお客様に郵送させていただきます。
(レザック紙綴じ仕様の場合は、製本したものを送付いたします)
お気軽にお申し出ください。

▶料金表はこちら

不倫の示談書・誓約書作成で当事務所が選ばれる理由

また、当事務所は価格以上に
内容・質に力を入れており、おかげさまで
ご好評いただいております。
単なるA4コピー用紙や、word、pdfデータで終わらせない、改ざん防止の機能性と、相手にプレッシャーを与える重厚な装丁。
国家資格である行政書士が責任を持って作成した証である行政書士の記名、行政書士職印の押印。
お客様から寄せられた疑問や不明点等の声を活かした、特別なマニュアル。
慣れたメールやLINEで相談できる気軽さ。
詳しく知りたい方は、不倫相手との示談書作成不倫した夫にサインさせる誓約書をご参照ください。

 

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。