不倫で離婚は後悔する?なぜ夫婦関係の再構築なのか

配偶者の不倫が発覚したとき、

「離婚」という選択肢が

頭をよぎることも少なくありません。

 

しかし、

夫の不倫から離婚に至るケースは

実はそんなに多くないのです。

 

再構築を選択された理由を、

お客様のご意見をもとにまとめました。

 

①不倫離婚後の経済的理由

慰謝料の支払いや財産分与はありますが、

一時的な上、支払ってくれるかどうか、

また、最後まで支払われるかどうかは

わかりません。

 

お子様がいる場合は養育費がありますが、

きちんと養育費を払っているケースは、

20%に満たないと言われています。

 

「意図的に支払わなくなるケース」

「新しい家庭ができるケース」

「職を失ったり病気になるケース」など、

たとえ執行認諾付きの公正証書を用意しても

回収できないこともあります。

 

②子供への影響

最も強く離婚を思いとどませるのが、

子供の存在です。

 

「不倫は許せないが、

子供が父親を慕っているので、離したくない」

「子供がまだ小さく、

1人で育てる自信がない」

というご意見もとても多くいただきます。

 

また、離婚した場合の影響だけでなく、

再婚、ステップファミリーへの不安も

見逃せません。

(継子・継父の関係問題は昨今よく取り上げられています)

 

③離婚手続きの煩雑さ

離婚は結婚の何倍も疲れるとよく言われます。

 

離婚の際、決めるべき条件も多岐にわたり、

慰謝料や財産分与、親権や養育費、

ローンの残ったマイホームの処分、

その他事務作業や手続きは、

多忙を極めます。

 

また、裁判ともなれば

2年程かかることもあります。

 

④不倫=離婚の原因にはならない!?

配偶者の不倫が発覚しても、多くの方が

「絶対に離婚したくない」

とお答えになります。

 

夫の不倫は本気ではない

夫の不倫が本気であるケースは

多くありません

 

夫婦の生活リズムのすれ違いが多かったり、

妻が子供にかかりきりで、

構ってもらえないと感じる場合等です。

 

お客様の中には、

「すれ違いなど、私にも原因があったので、

慰謝料請求はしないが、

約束だけはしっかりしてもらいたい」

という方も多くいらっしゃいます。

 

不倫相手も本気であることは少ない

不倫相手の方も、

都合のいい関係として夫を見ていること

が多々あります。

(本人同士気づいていない場合も…)

 

しかし一転、奥様にばれて、

慰謝料請求等を受けたり、

夫と揉めたりした途端に煩わしさを感じ、

いなくなるケースも多くあります。

 

このように、

・正式な示談契約

・慰謝料請求や違約金の設定

というアクションは、

不倫相手が自らフェードアウトする

効果もあります。

 

再構築への最初のステップとは?

不倫の対応はケースバイケースです。

ご状況やお気持ちから、

取るべき対応を見ていきましょう。

 

①配偶者に対して

 

②不倫相手に対して

 

 

その他にも、

✓ 不倫相手にまず連絡を取りたい

✓ インパクトを与えたい

✓ 夫が連絡の仲介をしてくれない

といった場合には、

・内容証明郵便

・通知書

等も効果的です。

 

 

 

➤【不倫相手への】示談書

➤【配偶者への】誓約書

 

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

 

 

➤ お客様の声・実例紹介更新