不倫の慰謝料にも時効がある

時効とは?

「時効」という言葉を

聞いたことがあるでしょうか。

刑事ドラマやサスペンスで、

「犯人が事件を起こしてから

何年だから、時効が。。。」

といった言い回しで聞いたこと

がある方も多いと思います。

刑事(犯罪関係)だけでなく、

民事(個人間トラブル)の世界でも

時効というものが存在しています。

時効とは、権利の行使をしない場合

その権利が消滅してしまうこと

(消滅時効)を言います。

 

不倫による慰謝料請求権の時効

不倫による慰謝料を請求する権利も

時効の定めがあり、

 

・あなたが夫(妻)の不貞行為および

不倫相手を知った時から3年間

・不倫関係が始まったときから20年間

 

どちらか短い方が経過すると、

不倫による慰謝料を請求する権利は

消えてなくなってしまいます。

(これを消滅時効の完成といいます)

 

わかりやすい例でいえば、

・夫(妻)の不倫と不倫相手を知った

 日から3年経過してしまった。

・夫(妻)の不倫を最近知ったが、

 それは20年以上前の出来事だった。

このような場合は、

不倫という不法行為に基づく

損害賠償請求権は発生したが、

時効により消えてしまったことになります。

また、知った日、というのは、

請求できる状況に至った日を言いますので、

不倫の事実を知り、

相手の氏名と住所がわかった日となります。

時効がもうすぐ来てしまう。そんな時は

夫(妻)の不倫を知ってから、

もうすぐ3年経ってしまう。

黙って穏便に済ませようと思っていたが

やっぱり我慢できない。

 

そんな時は、

1.不法行為に基づく損害賠償請求の裁判を起こす

2.配達証明付内容証明郵便にて不法行為に基づく損害賠償請求を行う

という方法があります。

 

裁判を起こすと、時効のカウントはゼロに戻ります。

(これを時効の中断といいます)

内容証明郵便で損害賠償請求をすると、

そこから6か月は時効の完成を阻止

することができます。

内容証明による請求を行うことで

時効の完成を6か月阻止することができるので

その間に不倫相手と交渉し、

不倫相手が慰謝料を支払うか、

示談契約を締結できればいいですし、

その見込みがなければ裁判に訴えてもいいわけです。

 

素早く安価に穏便に済ませるのならば、

お互いが話し合うことが一番です。

・時効の完成を阻止したい、

・示談に応じない不倫相手に慰謝料請求したい方は、

 ▶▶内容証明郵便の作成へ

 

時効が来てしまった。そんな時は

夫(妻)の不倫を知ってから、

もう3年経ってしまった。

 

この場合は、時効が完成しています。

が、その場合でも請求できないわけではありません。

 

消滅時効は、相手が

「時効が完成しているので払いません」

と言えば有効となりますが(時効の援用といいます)

時効が完成したあとでも不倫相手が

大人しく慰謝料を支払った場合は、

受け取ることができますし、

あとから返す必要もありません。

 

しかし、できれば時効が完成する前に

相手とけじめをつけて次へ進みたいですね。

不倫した夫(妻)への慰謝料請求権

こちらには例外があり、

民法159条により、

婚姻の解消の時から6か月を経過するまでは

時効は完成しない

という定めがあります。

しかしながら、例えば熟年離婚するときに

何年も前の不倫を持ち出して慰謝料請求

できるというわけではないですから、

注意が必要です。

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です