不倫の早い解決のために 示談書と誓約書

夫(妻)の不倫が発覚した時に、

解決の方法はいくつかあります。

 

・当事者同士で示談する

・裁判所に訴えて裁判をする

・不倫が自然に終わるまで待つ

 

ですが、不倫が発覚した際に

夫婦関係を再構築するために

何より大事なのは早く解決することです。

 

不倫問題は早く解決することがなにより大事

不倫状態というイレギュラーな状態から、

通常の状態に戻すには、

現状を大きく変化させる必要があります。

 

 

大きな変化には抵抗がつきものであり、

なかなか不倫相手と示談が進まなかったり

不倫相手と夫(妻)の仲が切れなかったり

ということが起こり得ます。

 

不倫を終わらせるのが遅くなればなるほど

解決は困難になっていきます。

 

不倫状態の「慣れ」という罠

心理学や行動経済学で快楽順応と呼ばれる

「慣れる」事象があります。

 

人間は良いことも悪いことも、慣れます。

そして慣れには特徴があります。

 

ながく継続すれば慣れます。

そして、ちょこちょこ中断すると

なかなか慣れません。

そして、一度慣れてしまったものは、

容易に変えられなくなってしまいます。

 

不倫でいえば、慣れという点からも

無理やりにでも不倫という状態を一刻も早く

すっぱりとやめさせることが大事です。

 

なかなか示談の条件が決まらなかったり、

不倫した夫(妻)にけじめをつけさせないまま

でいると、

不倫している現状が当然となってしまい、

不倫相手のいない生活が想像できないため

なかなか終わりに出来ません。

 

また、不倫をされている側の心理としても、

不倫問題が進展したり停滞したり

だらだらと続くとつらさが長引き、

精神的に大きな負担となります。

 

自分のつらさをできるだけ小さくするためにも

また、夫婦関係の再構築をうまく運ぶためにも

できるだけスピーディに解決すべきなのです。

 

スピーディな解決を

もちろん、慰謝料の額をはじめとして

示談にはいろいろな条件があると思いますが、

夫婦関係の再構築を第一目標にする場合、

まずは早く不倫を終わらせることが第一です。

 

そのためには、多少の譲歩を視野に入れ、

・不倫相手と示談をする

・不倫した夫(妻)にしっかりと反省させる

ことを優先することが望ましいでしょう。

 

スピーディに終わらせることが、心理学的にも

夫婦関係の再構築の近道と言えます。

 

 

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です