不倫相手と交わす示談契約書

合意した内容は書面に

不倫した夫(妻)や不倫相手と

話し合い、条件を合意したのなら

不倫問題の終結まであと一歩です。

その内容を書面化しましょう。

 

口約束だけでも契約は成立しますが

今はお互いが納得し合意していても

「そんな約束知らない」

「約束した覚えはない」

と言われてしまうことはよくあります。

そんな時、口約束だけだと、結局のところ

言った言わないの水掛け論になってしまい、

約束があったことが本当なのかどうかを

証明することが難しくなります。

 

そんな時に、合意した事実をきちんと書面に

残していれば安心です。

内容は漏らさずこぼさずしっかりと

書面にするにあたって、

記載する内容は

漏らさずこぼさずしっかりと

が肝心です。

せっかく書面にしても、

内容に漏れや抜けがあっては

意味がありません。

また、法的に意味をなさない内容や

法律に反する内容はNGです。

様式も漏れなく抜けなくしっかりと

せっかく書面にしても、

書面の様式がきちんとしていないと

書面の効力が認められないことがあります。

そうなってはせっかくの書面も

何の意味もありません。

きちんと法的な効果を発揮する様式で

書面を作成しましょう。

書面の作成をしっかりサポート

当事務所は、書類作成のプロである行政書士

として、書類の作成をいたします。

当事者情報や合意済みの内容等を

しっかりとヒアリングし、

作成内容をサポートしながら

法的に意味のある内容

間違いのない様式

で、書類を作成いたします。

合意した内容の足りないや弱い部分はフォロー

いたしますのでご安心ください。

サービス料金について

書類作成の基本料金は、

示談書作成例

不倫相手と交わす示談書:37,000円(税別)

誓約書作成例

配偶者に書かせる誓約書:30,000円(税別)

で承ります。(郵送費等込)

現在の問題を終結させ

今後のトラブルを予防する

大切な書面ですから、

しっかりと作成しましょう。

 

作成費用については、

慰謝料を充てたり相手に負担してもらうケース

が大半です。

銀行振り込みのほかに

クレジットカード払いもご利用いただけます。

 

また作成相談料20,000円(税別)については

作成内容がすでに決まっているため不要です。

ご依頼方法について

以下のご依頼フォームをご入力ください。

内容を確認の上、正式な料金等をご連絡いたします。

ご質問やお問い合わせはコチラからどうぞ。


※スマホの方は、ドメイン解除またはPCアドレスを指定してください。

















万円




万円





配偶者に書かせる誓約書の作成不倫相手との示談書の作成不倫相手への内容証明郵便の作成


不倫をした事実を認め、謝罪すること不倫相手の連絡先を削除することもうその不倫相手と会わないと約束すること慰謝料を支払うこと違約金を定めること家族を大切にすると誓うこともう一度やり直すと誓うこともし約束を破った場合離婚に同意すること
その他誓約書に記載したい事項やコメント


不倫をした事実を認め、謝罪すること配偶者の連絡先を削除することもう配偶者と会わないと約束すること慰謝料を支払うこと求償権を行使しないこと第三者に口外しないこと違約金を定めること
その他示談契約書に記載したい事項やコメント


不倫をした事実を認め、謝罪することの要求配偶者の連絡先を削除することの要求もう配偶者と会わないと約束することの要求慰謝料を支払うことの要求求償権を行使しないことの要求第三者に口外しないことの要求
その他内容証明郵便に記載したい事項やコメント


プライバシーポリシー(個人情報保護方針)を確認、同意しました。 ☚チェックをお願いいたします。

※送信いただくと、自動返信にて完了通知メールが届きます。その後tat-okamoto@julius-office.jpより返信いたしますので、今しばらくお待ちください。
なお万一自動返信メールが届かない場合は、メールアドレスの入力間違いか、メールフィルタの設定が原因として考えられます
ので、ご確認をお願いいたします。

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。