不倫慰謝料額の目安

 

 

不倫の慰謝料は、
お互いが合意していて、
それが法外な金額でなければ有効です。
(請求しないという選択もあります)

おおよそ50万円~300万円
が相場と言われています。

ずいぶん幅がありますが、
金額を決める要素を見ていきましょう。

不倫慰謝料の一番大きな要素:不倫により離婚に至ったかどうか

不倫という行為は、
夫婦関係に大きなヒビを入れる行為です。
不倫の慰謝料額を決める一番大きな要素は、
離婚に至ったかどうかです

▼おおよその目安

離婚に至った場合 150~300万円程度
離婚に至らなかった場合 50~150万円程度

 

離婚せず、再構築を選択した場合、
請求する慰謝料額は低めになりますが、
相手方にとっても負担が下がるため、
支払いを受けやすくなる傾向にあります。

 

※婚姻関係がもともと円満だった場合は、
以下のように変化していきます。

夫婦関係からの慰謝料目安

 

その他に不倫慰謝料額を左右するもの

その他にも、婚姻関係の状況、

不倫の程度、相手方の対応など、

様々な要素が影響してきます。

 

不倫の慰謝料額は、示談契約での重要なポイント

請求額が高額すぎると
1円も支払われないことになりかねませんし、
相手も弁護士を立てて減額交渉する
可能性もあります。

適正な慰謝料額を設定すべきですが、
上記のように、
不倫の慰謝料額は様々な要素が影響しあい、
ケースバイケースとなります。

不倫の示談書・誓約書作成で当事務所が選ばれる理由

当事務所は価格以上に
内容・質に力を入れており、おかげさまで
ご好評いただいております。
単なるA4コピー用紙や、word、pdfデータで終わらせない、改ざん防止の機能性と、相手にプレッシャーを与える重厚な装丁。
国家資格である行政書士が責任を持って作成した証である行政書士の記名、行政書士職印の押印。
お客様から寄せられた疑問や不明点等の声を活かした、特別なマニュアル。
慣れたメールやLINEで相談できる気軽さ。
詳しく知りたい方は、不倫相手との示談書作成不倫した夫にサインさせる誓約書をご参照ください。

「妥当な契約内容が知りたい」
「もう少し詳しく聞きたい」
「記載内容を相談したい」

▼無料作成相談より、ご相談ください
その後のやりとりも全て無料です

 

➤ TOP

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤ 作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

 

”不倫関係の不当な継続”の証明

⑴夫(妻)や不倫相手に、
不倫をやめるように申し入れた
⑵夫(妻)や不倫相手が、
不倫をやめると約束した

このような状態にも関わらず
不倫が継続すると、
悪質さが認められて
増額要素となります。

この場合、不倫をやめるように申し入れた
証拠として、内容証明郵便を送付しておくと効果的です。

▼不倫相手への内容証明郵便で記録を残す

 

▼慰謝料請求にも条件がある