サインさせるのは誓約書?念書?合意書?示談書?

不倫相手にサインさせる書類として、

当事務所では基本的に

示談書をお勧めしています。

 

 

しかし一般的には誓約書、念書、合意書など、

さまざまな名称が存在するため、

「どれがよいのか、違いが分からない」

というご質問を多くいただきます。

 

書面の名称による違いって何?

実際のところは、

重要なのは中身に何が記載してあるかであり、

タイトル(標題)に法的な意味は

ほとんどありません。

 

それでも、厳密に言えばタイトルには

一定の傾向がありますし、

あまりに内容と離れたタイトルは

避けましょう。

 

一方のみがサインするタイプ】…誓約書・念書など
当事者の一方が、もう一方に対して、書面で差し入れるもの。署名捺印は不倫相手のみ、作成部数は1部、書類保管者は不倫された配偶者。誓約書は”堅く約束する書面”の意味。念書は”念のため書面化する”の意味。
双方がサインするタイプ】…示談書・合意書など
当事者双方が話し合い、納得・合意した内容を書面化し、お互いに保有するもの。署名捺印は不倫された配偶者と不倫相手の当事者双方、作成部数は2部、書類保管者は当事者双方。示談は”トラブルを話し合いで解決した”の意味。合意は”当事者が合意した”の意味。

 

不倫相手とはなぜ示談書なのか

示談書 作成見本

今後も付き合いが続く夫とは異なり、

不倫相手との場合は、

「お互い二度と関わらないようにすること」

が大切になってきます。

 

そのため、

示談書を作成し、

<お互いが合意し、

これ以上なんの貸し借りもない>

と定めて、内容に合意した証として

二人がサインし、同一の書面を

2部作り保管する必要があるのです。

 

不倫相手とは、

・一方的な誓約書や念書よりも、
双方がサインする示談書や合意書を作成する

・出来れば印鑑は実印で押印し、
あれば印鑑証明を貰っておく

・ページが2以上になる場合は契印を押す

・2部作成し割印を押す

・内容をすり合わせてお互いが合意した
経緯を残しておく

・状況によっては公正証書を作成しておく

 

これらにより、無用なトラブルを避け、

円満な解決を目指すことが出来ます

 

「署名捺印、契印、割印が
よくわからない」
という方には

示談書を作成されたお客様限定で、

独自に作成した示談書マニュアルを

差し上げています。

実際の示談の流れや、割印・契印の押し方を、

図解を交えて解説しています。

ぜひお役立てください。

示談書マニュアル

示談書送付の際に添付いたします

 

不倫相手に誓約書を書かせる場合

一方、

・慰謝料は要らないけど、
とにかく謝罪だけ書かせたい

・相手に示談書を持たせたくない
(1部がいい)

等の場合には、
誓約書をおすすめする場合もあります。

 

「私の状況だと、どっちがいいの?」
「タイトルを変えたい」
「公正証書にした方がいいの?」
「作成したいけど相談がある」

作成に関するお悩みは、
下記の無料相談よりお問い合わせください。
その後のご相談まで、すべて無料です。

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です