示談を渋る不倫相手にも示談に応じるメリットがある

 

不倫の示談というと、

不倫をされた側に焦点があたりがちですが、

実は不倫相手側にもメリットがあります。

 

不倫相手が最初からスムーズに

示談に応じることは少ないですが

自分にもメリットがあることがわかれば、

相手が話し合いに応じる確率は上がるでしょう

不倫問題 示談しないとどうなる?

最長20年間不倫の損害賠償請求におびえることになる

不倫は、

妻の権利を侵害する不法行為ですので、

妻は不倫相手に対して、

損害賠償を請求する権利を持ちます。

 

・妻が損害賠償請求できるようになってから3年間

・その事実の発生から20年間

のどちらか短い方が成立するまで、

妻からの損害賠償請求に

おびえることになります。

▶不倫の慰謝料にも時効がある

 

不倫関係を解消し、

自分はとっくに終わったつもりでいても、

19年後にいきなり慰謝料請求される

ことも不思議ではありません。

 

不倫のことをすっかり忘れて

実家に戻ったり、

新しい恋人と同棲や婚約、

結婚したタイミングで、

唐突に過去の不倫相手の妻から

内容証明郵便が届くケースもあるのです。

内容証明郵便(イメージ)

⇒不倫相手へ送る内容証明郵便による通知書

不倫相手側の示談するメリット

不倫の損害賠償額(慰謝料)が確定する

慰謝料額を取り決めることによって、

不倫の慰謝料額が確定します。

 

あとから

「やっぱりあの慰謝料では足りない。」

「もっと払ってほしい。」

となることを防ぐことができます。

 

これ以上の債権債務がないことが確定する

示談契約を結んだ内容のほかは、

もうこれ以上貸し借りはない

ということも確定します。

 

お互いに不倫を口外しないことを約束できる

「今回の不倫したという事実を、

妻も不倫相手も、

お互いに誰にも口外しない」

と取り決めることによって、

現在から将来に向けて、

家族や恋人、夫や子供、職場に知られてしまうリスクを

なくすことができますし、万一違約した場合

は、違約金を請求することができます。

▼不倫の守秘義務とは

▼不倫の違約金とは

これ以上と関わることがなくなる

示談をすることで、きれいさっぱり不倫関係を

精算することができます。

慰謝料も、求償権についての取り決めを

しっかりとすれば、

不倫相手も妻も夫も、

もう互いに会う必要はなくなります。

お互いが納得できる示談契約を

示談契約は、妻と不倫相手が

お互いに約束するものです。

 

不倫相手側にも、

示談に応じるメリットがあるということを

理解してもらえれば、

スムーズな示談契約へと進むことができます。

 

お互いに納得できる示談書を

取り交わして、

速やかな解決を目指しましょう。

⇒自分で不倫の示談交渉するときのコツ 4つのステップ

 

 

 

➤ 示談書・誓約書作成料金表

➤ 示談書・誓約書作成費用を相手に負担させる

➤示談書・誓約書作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

 

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です