不倫からの再構築へ3つのステップ

夫の不倫という裏切り行為は、

決して簡単に許されるものではありません。

なかには離婚に至る夫婦もあります。

 

しかしながら、

熟慮の末に再構築へ進む方も

多くいらっしゃいます。

しっかりとステップを踏み、

最短で再構築を成功させましょう。

ステップ① 夫に罪の意識を持たせ、けじめをつける

何よりも重要なのは、夫の言動です。

夫が「もう二度と不倫をしない」

と堅く誓うことは、

法的にも精神的にも大きな意味を持ちます。

 

ですが、非常に残念なことですが、

不倫した夫は、

罪の意識が薄い傾向にある

ことが多いようです。

 

仕事や出産などの環境の変化を理由に、

「不倫をしたのはお前のせいだ」

といわれた経験のある不倫被害者の方も

いらっしゃるほどです。

 

再構築のための第一のステップとしては、

夫に不倫の事実を認めさせること

②夫に罪の意識を持たせること

の2点が大切になります。

 

罪の意識がなければ謝罪や反省、

今後の改善は生まれませんし、

そのためには不倫した事実を

認めさせることが重要です。

 

また、不倫した事実を記録しておけば、

今後の話し合いが万一こじれた際も、

ひとつの有力な証拠となります。

 

▼謝罪・反省・不倫の事実を、
誓約書という形で残します。

 

ステップ②不倫相手に、毅然とした態度を示す

不倫という行為は1人では出来ません。

かならず相手がいます。

ですが裏を返せば、

相手が夫に近づけないようにすれば、

不倫はもう起こりません。

 

したがって再構築のための第二のステップは、

不倫相手に、

毅然とした態度で通知すること

になります。

 

多くの場合、不倫相手は

二人だけの秘密の関係で、

それゆえに安全な関係だと考えており、

甘い認識をしています。

 

この認識を覆すためには、

不倫相手に対し、

・「不倫の事実を知っていること」

・「不倫相手の存在(氏名や住所など)を知っていること」を通知し、

・「二度と近づかないよう」警告すること

が必要です。

 

また同時に、

慰謝料を請求することも効果的です。

 

この通知は、通常のメールや電話、

手紙でもかまいませんが、

インパクトを与えたいのであれば、

内容証明郵便が適しています。

⇒「不倫相手に内容証明郵便を送る」の続きを読む

 

ステップ③不倫相手に約束させ、合意をしておく

・不倫を継続、もしくは再燃させないため

不倫(不法行為)の責任を取ってもらうため

にも、

不倫相手とも双方の合意をしておくこと、

それを示談書という書面で残しておくこと

重要になってきます。

 

最後となる第三のステップでは、

不倫相手と示談を通し、

①罪の意識を持たせること

 (慰謝料の請求)

②不倫の事実を認めさせること

③夫に近づかないと約束させること

の3点です。

 

また万一約束が破られた場合は、

違約金として、

ペナルティを設定することができます。

 

人間同士の信頼関係に基づく約束をし、

かつ不倫という行為に対する謝罪をさせ、

ペナルティで再発を防ぎます。

⇒「不倫相手との示談契約書を作成する」について続きを読む

 

今後の対策・作成のご相談は、
こちらから受付いたしております。

スピーディな返信・やりとりで、
迅速な解決を目指しましょう。