子供は親の不倫相手へ慰謝料請求できる?

不倫によって傷つくのは妻だけではありません。

子供もダイレクトに傷つきます。

では、子供は親の不倫相手に対して、

慰謝料請求できるのでしょうか。

子は親の不倫相手に慰謝料請求できない

子供が不倫相手にたいして慰謝料請求する事例は、

いわゆる東京ケース大阪ケースという2つの事例が

最高裁まで行きました。

東京ケースは

既婚で子供が3人いる男性が不倫相手と同棲し、

妻と子3人が不倫相手へ慰謝料請求をしました。

第一審では認容、控訴審では請求棄却、

最高裁の判断は、

”父親がその未成年の子に対し愛情を注ぎ、監護、教育を行うことは、ほかの女性と同棲するかどうかにかかわりなく、父親自らの意志によって行うことができる

”不倫相手が害意をもって父親の子に対する監護等を積極的に阻止するなどの特段の事情がない限り、不倫相手の行為は未成年の子に対して不法行為を構成するものではない

とし上告棄却。

つまり、子供の不倫相手に対する慰謝料請求は認めない

との判断を下しました。(昭和54年3月30日)

一方で、大阪ケースは3人の男子の母親が不倫し、

不倫相手と同棲したケースです。

こちらは第一審では請求棄却、控訴審では認容、

最高裁で破棄差戻しとなりました。

つまり、子供の不倫相手に対する慰謝料請求は認めない

との判断です。(昭和54年3月30日)

大阪ケースの場合、差戻された高裁審理中に

不倫相手が子3人に100万円支払うことで

和解が成立しました。

小さい子供の存在は慰謝料額に反映される

子供が慰謝料請求をする権利は、

現在の判例上は認められないでしょう。

では、子供の存在は全く影響ないのでしょうか。

もちろん、そんなことはありません。

小さい子供(未成熟の子)の存在は、

慰謝料増額の要素となります

裁判においては慰謝料額は様々な要素を

見たうえで決定されますが、

・小さい子供がいながら不倫をしたこと

・小さい子供がいる以上、

婚姻関係が破綻していたと言えないこと

この2点から、結果的には

妻が夫や不倫相手へ求める慰謝料請求額

の増額要素となります。

不倫慰謝料額の目安

 

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です