お客様の声・実例のご紹介

お客様の声 ご紹介

いただいたメッセージの一部を
ご紹介します。
(掲載許可済のみ)

(随時更新中)

 

 

実例のご紹介

「不倫の示談契約」と聞いても、
詳細なイメージは湧きにくいものです。

ここでは実例の一部をご紹介しています。
ぜひご参考ください。

※すべてお客様の許可を得て掲載しています。
※プライバシー保護の為、一部を暈しています。

 

【誓約書・示談書を作成】   広島県 U様の場合

【婚姻歴】結婚13年目

【子供の有無】無

【不倫経緯】半年前より、社内の独身女性と不倫関係(勤務地は別)

【発覚経緯】第三者からの密告、ご主人の自白、メール・LINEのやりとり

対応内容
【作成物】誓約書示談書

【慰謝料】無

【費用負担】不倫相手(計¥70,200を作成費用として負担。不倫相手より当事務所へ直接お支払い)

【ご依頼から郵送まで】2週間

【その他】

・不倫相手の職務変更、異動、退職の可能性を考慮し、示談書にそれぞれの場合での禁止事項を設定。

・誓約書に、破った場合は離婚に応じる旨、離婚条件(財産分与・慰謝料)について記載。

・ご主人を強く刺激しないよう、書類のやりとりは近隣にある奥様ご実家への郵送で行なう。(ご家族への精神的負担を考慮し、事務所名を伏せた封筒でのやりとり)

 

 

【示談書を作成】       東京都 O様の場合

【婚姻歴】結婚4年目

【子供の有無】未成熟の子供2人

【不倫経緯】1年前より、定期的に出向く出張先の独身女性と不倫関係

【発覚経緯】ご主人の自白、メール・LINEのやりとり、親密に見える写真

対応内容
【作成物】示談書

【慰謝料】¥550,000 (慰謝料¥500,000+\50,000を作成費用として上乗せ)

【費用負担】不倫相手

【ご依頼から郵送まで】1週間

【その他】

・連絡を取った場合・肉体的接触があった場合(接吻、性交類似行為、性行為それぞれ)に違約金を設定。

・示談は郵送でのやりとりとなったため、1通は不倫相手方に直接郵送。(署名捺印後、不倫相手からお客様へ郵送)

 

上記はあくまで一例であり、
作成物や細やかな対応は、
ご家庭によりケースバイケースとなります。

ご相談の上で、
適切な対応、適切な書類の内容を、
一緒に考えていきましょう。

 

 

➤ 料金表

➤ 誓約書を作成する

➤ 示談書を作成する

 

▼相手に作成費用を負担させるケース

 

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です