実際にあった不倫発覚でやってしまったやってはいけないこと①

拒否

配偶者(夫or妻)の不倫が発覚すると、
心穏やかでいられないのは当然のことですし
感情的な行為に出てしまうこともあります。

ですが、行為によっては、
慰謝料請求時の減額事由になったり、
相手から逆に訴えられてしまったりと、
こちらに不利となる可能性
生じてしまいます。

妻から不倫夫への執拗な嫌がらせ

不倫された妻が夫に対して執拗に嫌がらせ
を行ったケースです。
・「どうか1日も早く死んでください」
などと記載した電子メールを
夫に繰り返し送信。

・夫の勤務先の社長に対して、
夫が不倫していた旨の手紙や、
「このままのうのうと夫を貴社に勤務させてはまた従業員に手を出すことは確実です」
と書いた手紙を送付。

・「従業員にすぐに手を出す○○」
などと書いた封筒を夫の勤務先に持参。

・「潔く職場を辞めるのは当たり前」
「潔く舌を噛むしかないでしょう」
と記載したメールを夫へ送信。

・夫側の訴訟代理人弁護士から、
そういう行為はやめるよう
文書を送付した後も、
執拗にメール。

これらの行為を丸1年以上続けました。

妻に慰謝料100万円支払い判決

このケースでは、不倫した夫が妻を訴えて、
不法行為が認められ、妻から夫へ
100万円の慰謝料支払いを命じる
判決が出ました。
(東京地裁平成23年12月26日)

不倫された妻の気持ちを考えれば、
怒り狂うのは当然です。
ですがこの例のように、
怒りのぶつけ方を間違えてしまうと、
不倫された側なのに、
慰謝料を請求されてしまうことになります。

夫、そして不倫相手への感情は、
あなた自身を守るためにも、
道徳的・法律的に正しく発散することが
大切になってきます。

▶夫には、行政書士の職印付きの、

重みのある誓約書を。

不倫相手には、行政書士職印付き・製本された、

示談書を。

不倫の示談書・誓約書作成で当事務所が選ばれる理由

また、当事務所は価格以上に
内容・質に力を入れており、おかげさまで
ご好評いただいております。
単なるA4コピー用紙や、word、pdfデータで終わらせない、改ざん防止の機能性と、相手にプレッシャーを与える重厚な装丁。
国家資格である行政書士が責任を持って作成した証である行政書士の記名、行政書士職印の押印。
お客様から寄せられた疑問や不明点等の声を活かした、特別なマニュアル。
慣れたメールやLINEで相談できる気軽さ。
詳しく知りたい方は、不倫相手との示談書作成不倫した夫にサインさせる誓約書をご参照ください。

➤ 料金表

➤ 作成の流れ

➤ お客様の声・実例ご紹介

 

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。