不倫相手に慰謝料請求ができる条件

配偶者が不倫をしていたからといって,
必ず配偶者の不倫相手に対して
慰謝料請求ができるとは限りません。

どのような場合なら、
慰謝料を請求できるのでしょうか。

不倫の示談契約をするときに
重要なポイントになるので、
しっかりと確認しておきましょう。

①配偶者の不倫相手に「故意または過失」があること

ここで言う故意・過失は、

不倫相手が、配偶者について

既婚者であることを知っていたかどうか

です。

故意・過失は法律用語で難しいですが、

故意はわざと過失はうっかりという

ニュアンスです。

 

故意…既婚と知っていた

<例>

  • 既婚者であることを知りながら肉体関係を持った

 

過失…知らなかったが、知ろうと思えば知ることができた

<例>

  • 既婚者と浮気・不倫をしていると気が付く状況であるにも関わらず,把握していなかった
  • 既婚者だと知っていたが,婚姻関係がすでに破綻していたと勘違いし,注意を払えば破綻していないことに気が付く状況であったにも関わらず肉体関係を持った

 

これらの場合は浮気・不倫相手に
「故意・過失」が認められるため、
不貞行為の責任を負うことになります。

 

故意・過失がない場合とは?

故意も過失もない場合とは、

  • 出会い系サイトなどのネット上や、バーやクラブ、居酒屋などで知り合い,お互いの素性をまったく知らず,既婚者であることに気付く余地のないまま肉体関係を持った
  • 浮気相手の自由意志で肉体関係を持っていなかった(強姦・脅迫など)

が挙げられます。

これらの場合、
「故意・過失」が認められないため、
不貞行為の責任を負わせることが出来ず、
不倫相手に慰謝料請求を請求できません。

※もちろん不倫した配偶者への請求は可能です

②不貞行為による権利の侵害があること

浮気や不倫という、
不貞行為によって侵害され得る権利は、

侵害される権利

これらの項目です。

 

浮気や不倫という不貞行為によって

それまで円満であった夫婦関係が
悪化した場合

は権利の侵害が認められる、
ということになります。

 

逆に、

浮気や不倫という不貞行為以前に、

夫婦の仲が悪く,

共同生活がすでに破たんしていた場合

は、権利の侵害は認められません。

>>不倫より前に婚姻関係が破綻していると…

配偶者がすでに十分な慰謝料を支払っている場合はNG

上に見た条件を満たしていながら、
それでも浮気相手・不倫相手に
慰謝料を請求できない場合があります。

 

それは、

配偶者からすでに十分な慰謝料が
支払われている場合

です。

 

浮気・不倫の不貞行為は
共同不法行為と呼ばれる行為であり、
その慰謝料は不真正連帯債務

という扱いになります。

 

簡単に言えば、

2人でやった悪いことなので、
2人で共同して慰謝料を払うべき

という考えです。

 

<例>…慰謝料100万円が相当額だった場合

不倫した配偶者が、
不倫された配偶者に
既に100万円を支払った場合、

不倫相手は不倫された配偶者に
お金を支払う必要はなくなります。

 

詳しくは、不倫の求償権を参照ください。

ご不明点、ご質問は不倫の問診票をご利用ください

配偶者の不倫相手に慰謝料を請求する場合は、

  • 浮気・不倫相手に「故意または過失」があること
  • 不貞行為によって,あなたが「権利の侵害」を受けたこと
  • 配偶者からすでに十分な慰謝料が支払われていないこと
  • 時効が完成していないこと

をしっかりと確認してから、
不倫相手へ慰謝料を請求しましょう。

 

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

「いくら請求するのが妥当なのか、

よく分からない…」という方はこちら

 ➪不倫の慰謝料額の目安

 

>>示談契約で慰謝料を請求するなら

>>内容証明郵便で慰謝料を請求するなら

 

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。