不倫相手と交わす示談書 メリット3つ

「縁を切りました」「慰謝料払います」口約束で済ますと…

①影で関係が継続するケース

夫と不倫相手が口裏を合わせ、

影で継続するケースは非常に多く見られます。

また、一度は本当に関係が切れても、

どちらかが再び連絡をとり、

関係が再発するという例も見られます。

 

②慰謝料はやっぱり払わない!

「払うと言ったけど、私も被害者です」

「高すぎる」「今は払えません」

いざ支払うという段階になって、

・理由をつけて支払いを渋る

・減額を要求する

というケースもよく見られます。

 

そのうち連絡もつかなくなり、

住所等を控えておかなければ

音信不通になってしまう可能性もあり得ます。

場合によっては、

慰謝料は未払い、不倫は継続

という事態にもなりかねません。

 

③無事に払われたとしても…

「慰謝料払ったから、もういいでしょう」

「払うとは約束したけど、会わないとは言ってない」

と言って、夫と連絡を取り続けるケースも

散見されます。

 

慰謝料の支払いに気を取られ、

詳細な約束を定めていなかったためです。

 

このように、

現状の問題だけでなく、

将来的なアクシデントを避けるため、

さまざまな角度から取り決めをする

必要があります。

 

▼隙のない示談書を作成しましょう

 

示談書作成のメリット

①約束を形に残す

契約は口約束でも成立しますが、

示談を書面として残すことで、

「示談をした事実」「示談の内容」を

形として残すことが出来ます。

示談書 作成見本

「そんな約束していない」
「知らない」
「やっぱり慰謝料は払わない」

とひっくり返されることを防ぎます。

 

②慰謝料の支払いについて細かく設定できる

・慰謝料額

・支払い期日

・振込先口座

・分割払いの場合の条件

・遅延損害金

等、慰謝料の支払いについて

細かく設定します。

のちのトラブルに対し、

様々な角度から対応の準備をします。

 

③破られた場合、違約金を請求できる

示談書に、ペナルティーとして

違約金を設定します。

 

これは肉体関係に限らず、

・SNSで連絡を取る

・職務上必要とされる範囲を超えた接触

など、細かく設定することも可能です。

 

また、

「破ったらお金を払わなければならない」

と不倫相手に自覚させることは、

大きな抑止力となります。

 

▼相手の行動を制限する示談書を作成します

 

 

法律知識で自分の権利を守る

示談書作成には、

契約や法律に関しての知識が必要です。

 

知識が乏しいまま示談書を作成した場合、

法律的な抜けや漏れの恐れがあり、

逆に自分に不利に働くことに

なってしまいかねません。

夫に誓約書・不倫相手に示談書を│不倫再構築ドットコム
不倫した夫との再構築を決意したあなたをプロがサポートします

 

一筆書かせるという行為によって、

約束を破りにくくする心理的作用

が働きます。

行政書士は法律と書類作成の専門家です。

お客様と相談の上、適切な文言を記載します。

 

▼まずは現状をお知らせください

 

実は不倫相手にもメリットがある

また示談契約は、自分だけでなく、

お互いのためになる契約です。

示談を渋る不倫相手には、

不倫相手にもメリットがあることを

伝えるといいでしょう。

 

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

 

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。