不倫の示談書の公正証書化とは?

不倫の示談において、

口約束だけではなく

示談書という書面に残すことは

極めて重要です。

不倫の示談の公正証書を作成する

しかし、念には念をいれて

示談契約公正証書を作成しておく

という選択をされるケースも

少なからずあります。

 

公正証書の特徴は

①強力な証拠能力

②金銭債権を強制執行できる

というものです。

公正証書を作成しておくことが望ましいケース

もちろん、お互いで約束した内容が

きちんと守られれば何の問題もないですが

次のような場合は念のため公正証書を

作成しておくことが望ましいでしょう。

①慰謝料が支払われるか不安

たとえば、示談の時に慰謝料全額を

支払済みであれば安心ですが、

いついつまでに支払いますと約束し、

ほんとうに入金されるか不安な場合は

相手が自分に対し支払い義務があること

を明らかにし、

期日を過ぎたら強制執行するためにも

公正証書を作成しておくことが望ましいです。

②相手が約束を守るか不安

もう二度と夫と接触しない

という約束をすると思いますが、

もし守られなかった場合に、

きちんと謝罪や違約金支払いがあれば

いいですが、

「そんな示談知らない」

「私のサインじゃない」

「無理やり書かされた」

等と言って、トラブルになることがあります。

それを防ぐためにも、

内容をきちんと理解し本人の意思で

間違いなく示談したことを証明するため

公正証書を作成しておくことが望ましいです。

③こちらが本気であることを見せつける

公正証書は、かなり重たい公文書です。

単なる私製契約書の作成で終わらせず、

公正証書を作成するということは

「約束違反を許さない」

という強烈なメッセージを相手に

与えることになります。

その分だけ、相手は約束を守ることに

本気になるでしょう。

公正証書の作成について

公正証書の作成は、

自分たち当事者同士で作成するか

専門家に依頼するかがありますが、

相手としてはより不利な条件に立たされるので

公正証書の作成に積極的でないことが多いです。

 

その点を利用し、

公正証書の作成をする代わりに慰謝料額を下げたり

逆に慰謝料額を上げたりすぐ払わせる代わりに

公正証書の作成をやめたりという交渉材料にも

なります。

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。