不倫の示談書の違約金とは

 

配偶者の不倫が発覚し、
一度は「連絡しない」「もう会わない」と
約束したものの、
その後ひそかに連絡を取り合い、
不倫関係が再燃するケースも
残念ながら多く見受けられます。

不倫の示談書・誓約書に抑止力として、違約金の設定を

そこで、不倫相手とは示談契約書を交わし
万一この契約を破った際には〇〇万円を支払う
という旨を記載しておきましょう。
これを違約金と言います。

不倫の示談書における違約金の効果

たとえば、
・連絡を取ったら金10万円を支払う
・肉体関係を持った場合は、
100万円を支払う
という一文を入れます。

そうすると、
・違約金支払いが心の重しになり、
 隠れて連絡を取り合う気持ちが失せる
という心理的な抑止効果と、
・実際に約束を破られた際には、
 違約金を請求することができる
という金銭的補償の2点が期待できます。

既に示談契約の段階で、
慰謝料を支払っている不倫相手からすると
更に支払いの義務を負うという
恐れを認識させることで、
強い抑止力となってくれるのです。

▼示談で慰謝料・違約金について設定する

高い効果が期待できる違約金ですが、
高額すぎたり、条件が非現実的だと、
無効になる恐れがあります。

適切な違約金の設定を知りたい
違約金を細かく設定したい
示談内容を相談したい

といった場合は、
下記の無料相談よりご相談ください。

 

 

➤示談書を作成する

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

 

➤ お客様の声・実例紹介更新

 

 

>>併せて読みたい。求償権とは