作成を専門家に依頼する意味

ネット上には、

誓約書や示談書、内容証明のテンプレートが

たくさん載っており、

ご自身で作成することも可能です。

 

しかし実際には

お悩みの方の多くが

私たち専門家に作成を依頼されます。

 

ここでは専門家に依頼するメリットを

見ていきましょう。

 

内容の精度が高く信頼できる

通常の生活の中で、

契約書を作成するケースは、

普段そういう仕事をしているのでない限りは、

ほぼありません。

 

学校教育でも、

法律をしっかりと学ぶ機会はないため、

ほとんどの方は法律的な知識が

十分でないことが当たり前です。

 

知識が十分でない場合に、

インターネットや書籍で拾い集めた

データから書類を作成することは、

大きな危険が伴います。

 

 

ネット上の質問掲示板の回答者や、

テンプレートの作者や配布者、

本の著者は責任を取ることはありません。

あくまで作成した本人の責任となるため、

相応のリスクが潜んでいます。

 

重々しい形式で相手にプレッシャーを与えられる

誓約書や示談書は、

A4用紙に出力したコピー用紙でも

法的効果は同じですが、

それを重々しく感じさせるすることも、

相手にサインをさせたり、反省を促す上で、

非常に重要な要素です。

 

当事務所では、

法的な要素はもちろんのこと、

装丁の重々しさに重点を置いています。

 

▼クリックで詳細が開きます

再構築に向けた誓約書 作成例

 

不倫相手と交わす示談書 作成例

再構築に向けた誓約書 作成例

記名押印イメージ

装丁の重々しさは、

相手に相応のプレッシャーを与え、

不誠実な対応や、約束の反故のリスクを

下げることが出来ます。

 

自信をもって相手に差し出せる

不倫した配偶者に書かせる誓約書

自分で作成すると、

「この書き方でいいのだろうか」

「無効にならないだろうか」

様々な疑問を、

自分一人で解決しなければなりません。

 

専門家に依頼することで、

自信をもって書面を差し出すことができます。

 

お客様の自信は、

ひいては示談契約の場における、

お客様の態度・示談の進捗にも影響します。

 

ご自身の権利を守り、

正しい方法で示談を成功させるためにも、

専門家に依頼することは大きな意味を持ちます。

 

▼相談料は一切いただきません

(ご依頼いただいた場合の作成料金のみ)

 

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新