不倫した配偶者の携帯を勝手に見るべきか

配偶者の携帯を確認して、

不倫が発覚することは多くあります

 

でも果たして、

配偶者の携帯を勝手に見ても

大丈夫なのでしょうか。

携帯電話の盗み見はプライバシー権の侵害

配偶者とはいえ、他人の携帯電話を

盗み見るということは、

他人のプライバシー権を侵害

していることになります。

 

とはいえ、実際にはそれを不法行為として

損害を認めさせることも難しく、

「不倫を疑い、配偶者の携帯電話を見たら

怪しいメールや写真があったので、

それを自分のパソコンに送った」程度であれば、

民事上の損害賠償請求ができるほどの

程度になることは稀です。

 

法律的な問題というよりも、

感情面での問題で気を付けなくてはいけません。

携帯電話の盗み見はケンカのもと

プライバシーが詰まった携帯電話を

許可なく見られるという行為は

相手も不快感を覚えます。

 

携帯を勝手に見たことが発覚してしまうと

相手も感情的になり、今後のやりとりに

支障が出る危険性があります。

 

自身の不倫が発覚し、

精神的に不安定になった配偶者は

不倫の事実を棚上げし、携帯を勝手に見た

ことを責めてくるケースもあるほどです。

 

 

SNSやメールにログインすると不正アクセス禁止法違反

たとえ配偶者であっても、他人の

SNSやメールサービスのIDとパスワードを

入力してログインすると、

不正アクセス禁止法に

違反することになります。

 

FacebookやLINE、Gmailなどは、

場合によってはなりすまし行為として、

3年以下の懲役または100万円以下の罰金

となることがあります。

最低限必要なメールや写真の転送のみに留めましょう。

 不倫の事実を確定させるためには

メールやLINEの証拠は、

ホテルへの入室写真に比べれば弱いですが、

あまりにも親密なメールにより

裁判官が不貞行為を推認する証拠になる

こともありますので、

しっかりと確保しておくことが賢明です。

 

しかし結局はデータ上のものであり、

抹消されたり、

改ざん等を疑われてしまうこともあります。

 

不貞行為をにおわせるメールや写真から、

配偶者の自白を得たら、

あとから撤回されないように、

すぐに誓約書として形に残しましょう

 

自白を得て安心してしまうと、

あとあと「そんなこと言っていない」

「そういうつもりで言ったのではない」

「そういわないと収まらないから言っただけ」

などと、言ったことを翻されてしまうことも

あります。

そうすると、

不倫の事実を証明することが困難になり、

泥沼化するケースもあります。

 

自白を得たら、

すぐに書面に残しましょう。

 

誓約書については、こちらをご参照ください。

>>【夫が不倫を認めたら】すぐに一筆書かせましょう

 

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です