離婚の流れと種類

離婚とは

離婚とは、婚姻関係の解消を指します。

結婚が婚姻届の提出が必要だったように

離婚には離婚届の提出が必要です。

離婚届

そして、離婚手続きにはプロセスがあります。

①当事者同士の話し合い:協議離婚

     ↓

②家庭裁判所での調停:調停離婚

     ↓

③裁判による離婚:裁判離婚

の順に進んでいきます。

①協議離婚 お互いが合意する場合

まずは夫婦で話し合いをして、

お互いの合意の上で離婚をする

というものです。

これを協議離婚といいます。

 

過程によっては当事者である夫婦だけでなく

両親や兄弟等の親族や、弁護士等に

間に入ってもらうこともあります。

 

離婚届を記入し、

夫婦2人が署名捺印して、

証人2人の署名捺印をもらい、

役所に提出します。

離婚の90%近くがこの協議離婚です。

 

お互いスムーズ合意すればよいのですが、

婚姻届を提出した時とは違い、

お金のことや、子供のことをはじめ、

たくさんの条件をお互いにすり合わせて

合意しなければなりません。

▼離婚のときに考えておくべきことはコチラを参照

お互いが合意し、離婚の条件が決まれば、

その条件の履行を確かなものにするためにも

離婚協議書を作成をしておくことが重要です。

☞離婚協議書の作成へ

 

②調停離婚 お互いが合意しない場合

当事者同士の話し合いで決まらなかった場合

家庭裁判所へ行くことになりますが、

かといってすぐに裁判はできません。

裁判の前に調停をやるという調停前置主義

に基づいて、まずは家庭裁判所に対して

離婚の調停を申し出ることとなります。

夫婦関係調停申立書

ひと月からふた月ごとに家庭裁判所へ出向き

2人の調停員と夫婦の一方とで、

離婚の条件を交互に話し合って

離婚に応じるかどうか、

また離婚条件の妥協点を探していきます。

これを調停と言います。

 

早くて3回程度、

平均して6回も続けることになります。

つまり、半年から1年くらいかかる

ことがあります。

これで成立する離婚を調停離婚と言い

離婚の大体10%がこの調停離婚です。

 

それでもだめなら、調停不成立となり、

裁判をすることになります。

 

裁判離婚 調停で合意にたどり着けない場合

裁判離婚に進んだ場合、

裁判官が和解を勧めてくることもあります。

裁判中に和解すれば和解離婚

和解せずに、判決が出れば裁判離婚。

和解離婚も裁判離婚も、

離婚全体に占める割合は2%程度です。

 

裁判所に呼び出されてやり取りすることを

口頭弁論と言います。

訴状を提出して一月後くらいから始まる

第1回口頭弁論で判決が出ることはまずなく

まずお互いの主張を聞き、

食い違う争点を整理します。

その後、1~2か月おきに口頭弁論を

行い、証拠を出させたり尋問をしたりして、

裁判官が判決を出すための判断材料を

集めていき、そして判決に至ります。

 

ばらつきはありますが、判決まで

平均で、1~2年かかると言われています。

 

離婚とは、とても長い道のりなのです。

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です