離婚を考える①~住宅ローンの残ったマイホームをどうするか~

離婚が頭をよぎった時に

考えるべき点はたくさんありますが、

ここでは

住宅ローンの残ったマイホームをどうするか

を考えていきます。

「離婚を考える」についてコチラを参照下さい

住宅ローンが残っているのが当たり前

マイホームを購入する時には、

4,000万円前後のお金が必要です。

 

もちろん、そんなに現金を持っているケースは

稀なので、マイホームを買う人は

普通、将来の収入を見込んで

住宅ローンを組むのが当たり前です。

事実、一般的な建売や注文住宅、

分譲マンションの販売現場では、

およそ9割超の方が、住宅ローンを組んで

マイホームを購入します。

 

購入時期としては結婚して子供が生まれる

35歳前後が最も多いです。

 

住宅ローンは借主が79歳になるまで

ローンを組むことができるので、最長である

35年ローンを組むのがほとんどです。

 

一方で、住宅購入後にまだ40前後だとしたら

住宅ローンは2~30年前後も残っている

ということになります。

 

もし、マイホームを現金一括購入していたり、

ローンを繰上返済などで完済している場合は、

以降の内容はお読みいただく必要はありません

住宅ローンの残ったマイホームの確認すべき点

住み続けるにしろ、売却するにしろ、

まず確認しておくべき点は次の通りです。

①住宅ローンの契約者・マイホームの所有者はだれか

住宅ローンは、銀行などの金融機関との

「金銭消費貸借契約」という

お金を借りる契約のひとつです。

ですから銀行と契約している契約者がいます。

また、銀行はそのマイホームに

抵当権を設定しますから、

契約者=マイホームの所有者、

であることが一般的です。

住宅ローンの契約者が誰なのか

マイホームの所有者が誰なのか

をしっかりと確認しておきましょう。

 

よくあるケースは、

A.夫の単独名義

B.夫婦共有名義(妻を連帯保証人・連帯債務者にして収入合算・夫と妻のペアローン)

のパターンがほとんどです。

まずは、これを確認しておきましょう。

 

マイホームの所有者は誰なのかについては

登記事項全部証明を取ること。

(マイホームを管轄する法務局へ行き、自宅の登記簿謄本がとりたい旨を受付の方へ伝えればOKです。郵送での方法もありますが、地番(住所とは別)が必要ですので注意が必要です)

▼管轄法務局一覧はこちら(法務局HP)

 

住宅ローンの契約者が誰なのかについては

金融機関との金銭消費貸借契約書をみること。

(住宅ローンの契約時に、控えを銀行から受け取っているはずです。)

 

により、

マイホームの所有者は誰なのか

住宅ローン契約者は誰なのか

を知ることができます。

②住宅ローンの残債はいくらか

住宅ローンが一体あといくら残っているのか

(残債という)を確認しておく必要があります

確認方法は、住宅ローン契約時に金融機関から

交付された償還表を確認するか、

金融機関に問い合わせましょう。

②住宅ローンの条件・支払金額はいくらか

今の住宅ローンは、

元金いくらを金利何%で何年借りているのか

を確認しておきましょう。

こちらは金融機関との金銭消費貸借契約書を

みれば確認ができます。

 

住み続けるのか、売却するのか

住宅ローンについて

・残りの金額(残債)

・元本、金利、借り入れ年数

・ローン契約(単独or連帯保証・連帯債務・ペアローン

これらのことを確認したうえで、次回記事で

住み続けるのか、手放すのかを考えていきます

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です