離婚を考える③~住宅ローンの残った自宅を手放す~

前回の話の中で、

住宅ローンの残ったマイホームに

離婚した後も住み続けるというのは

リスクが大きい旨をお話ししました。

今回は、住宅ローンの残ったマイホームを

手放すことを考えていきます。

前回記事はコチラ

離婚 マイホームを手放す理由

「夫から妻への名義変更が難しい」

「妻単独でローンを組めない」

「名義人が実際に住んでいない」

「ローン条件に違反する」

「別れた夫が支払い続けるかわからない」

など、前回ご説明した意図せず住み続けられない

リスクがある、という理由もありますが、

「悲しい思い出があるので手放したい」

「広すぎるので処分したい」

といった理由もよく聞きます。

ローンの残ったマイホームを手放す条件

基本的には、残った住宅ローンを完済

出来ることが必要です。

マイホームを売却して得たお金と、

足りなければ貯金を崩して、

住宅ローンを全額返済する。

これができるなら、売却することは可能です。

逆に、ローンが大きすぎて、

売却して得たお金と貯金を足してもローンが

返せないと、売却はできません。

その場合は別の借金をするか、親族に頼むか

が考えられます。

マイホームを手放すメリット

現金化してしっかり分けることができる

離婚という大きな節目に、

財産分与をする必要があります。

そのさいにマイホームを現金化して

しっかりと分けることができます。

住み続けられないリスクをあらかじめ防ぐ

ローンを払い続けられないリスク

金利が上昇するリスク

支払いが滞るリスク

これらにより、意図せず途中で

住み続けられなくなるリスクを

あらかじめ防ぐことができます。

マイホームを手放すデメリット

周囲にうっすらと知れ渡ってしまう

マイホームの売却をすると、大々的に

売り物件のチラシを近隣に撒き、週末は

興味のあるお客さんが家を見に来ます。

大体3ヵ月程度の売却活動で売れるため、

ご近所には売却する旨、なにかあった旨が

うっすらと知れ渡ることになります。

 

こういうことを避けたい場合、

不動産業者へ買い取らせる方法がありますが

市場価格の7割弱程度の金額になるため、

金銭的なデメリットは大きいです。

その代り短期間で、公にすることなく

売却を終えることができます。

離婚協議書は不動産にも詳しい専門家を

不倫による離婚を視野に

離婚協議書を作成する場合は、

法律だけでなく不動産にも詳しい

専門家に相談しましょう。

でないと、法的には問題がなくとも、

実務上問題のある離婚協議書が

出来上がる恐れがあります。

まずは査定しておく

離婚するにせよしないにせよ

売却するにせよしないにせよ

マイホームの市場価値がいくらなのかを

把握しておくことはとても重要です。

詳しくはコチラの記事を参照ください

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です