再構築と離婚

当事務所では、

夫婦関係の再構築の力になりたい

をモットーにしています。

 

しかし再構築を目指す一方で、

離婚について深く考えてみる事も重要です。

 

離婚のしかたと流れ

離婚とは

離婚とは、婚姻関係の解消を指します。

一口に離婚といっても、

協議離婚調停離婚裁判離婚など

多様な離婚の種類とプロセスがあります。

詳しくはコチラの記事を参照ください。

離婚のときに決めること

身一つで別れることが

できる状態であることは少ないと思います。

お金のこと、子供のこと。

二人できちんと決める必要があります。

お金のこと

財産分与

婚姻中に築いた財産は

たとえ妻が専業主婦だとしても

夫婦二人の共有財産です。

離婚に当たり、これを分ける必要があります

離婚の慰謝料

離婚の原因を一方が作った場合

財産分与とは別に、

慰謝料を支払う・請求する権利が生じます。

子供への養育費

子供がいる場合、親権を持つ親は

もう一方の親に対して養育費の支払いを

要求することができます。

不動産の査定

マイホーム等の不動産も財産分与の対象です

まずは市場価格を確認しておく必要があります

マイホームの査定について

詳しくはコチラの記事を参照ください

 

家のこと

今住んでいる家や、

今後住むところをどうするかについても

考える必要があります。

 

詳しくは各記事をご参照ください。

住宅ローンの残ったマイホームをどうするか

 

住宅ローンの残ったマイホームに住み続ける

 

住宅ローンの残ったマイホームを売る

 

住宅ローンのないマイホームの場合

持ち家だが住宅ローンがない、という場合は

そのままどちらかが住み続けるか、

売却してお金に換えて、二人で分けるか。

の2択となります。

まずは査定をする場合、

コチラの記事を参照ください

 

賃貸住宅に住み続ける

賃貸住宅の場合、解約して退去するか、

住み続けるかを考える必要があります。

住み続ける場合、契約名義変更が必要な場合

(夫名義で契約していたが、妻が住み続ける場合など)

仲介不動産業者へ相談する必要があります。

(妻の属性(収入等)により、

契約の更改を断られることもあるので、

注意が必要です)

 

子供のこと

子供の親権・監護権

どちらか一方の親が

親権を持つこととなります。

子供との面会交流

親権を持たないほうの親が、

子供と会う頻度や回数を決めます。

子供への養育費

子供の養育のための費用として、

親権を持つ方の親に支払う養育費の

金額や期間を決めます。

 

併せて、

再構築を選ぶ理由もご参考下さい。

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。