【誓約書に添付も可能】離婚協議書案の作成

離婚協議書とは、

どういう条件で離婚をするか

を記載する書類です。

 

協議離婚(話し合いでの離婚)を

する際に作成することが一般的ですが、

実は不倫の対処法としても有効なのです。

 

不倫問題での離婚協議書の使い方⑴:夫婦の再構築か、離婚するかの選択を迫る

不倫した配偶者に対し、

誓約書とともに離婚協議書を提供します。

 

①誓約書にサインし、再構築を目指す

②離婚協議書にサインし、離婚する

 

この2択を配偶者に迫ることで、

場合によっては離婚も辞さないという

強い意志を示すことが出来ます。

 

 

※不倫をされたけど離婚はしたくない

という場合は、逆効果になることもあります。

離婚の覚悟がある場合に作成するものですので

ご理解ください。

不倫問題での離婚協議書の使い方⑵:次に不倫したときのペナルティとして

誓約書には、

再び不倫をした場合の

ペナルティを記すことが出来ます。

多くの場合、違約金や離婚を記載します。

 

このペナルティとしての離婚の条件

を記すために、離婚協議書を用います。

 

⑴と⑵の併用も可能

⑴のように、

再構築か離婚かを決めてもらうために

使用したのち、

⑵のペナルティとしての離婚条件として、

そのまま活用する(取っておく)ことも

もちろん可能です。

 

離婚協議書は、単なる離婚だけでなく、

このような活用方法もあります。

また、ご自身の気持ちに整理をつけるという

意味でも、

作成しておくことはとても有効です。

 

離婚協議書に記載すること

離婚協議書は、

離婚する場合の夫婦二人の

取り決めですから、

どこまでの条件を記載するかは

夫婦によって異なります。

・慰謝料の支払いについて

不倫した(離婚原因を作った)配偶者から

もう片方の配偶者へ慰謝料を支払うため

金額や支払い方法を記載します。

 

※特にどちらが悪いといった理由がなく、

双方の性格の不一致などの場合、

慰謝料は発生しません。

 

また、慰謝料を請求しない場合は

不要です。

 

・財産分与について

夫婦であった時は一つの財布でも

離婚時には夫、妻のそれぞれ

2つに分ける必要があります。

 

結婚後に夫婦で築き上げてきた

現金、有価証券不動産、車などの動産。

将来の受け取り年金、退職金、保険金など。

これらを2人で分けます。

 

逆に家庭のために作った借金がある場合も、

2人で分ける必要があります。

 

※結婚前の貯金や、

親からの遺産は夫婦の共有財産ではなく

個人の資産ですから、

財産分与する必要はありません。

 

子供の親権・監護権と養育費・面会交流について

子供がいる場合、

・親権・監護権をどちらにするのか

・養育費はいくらをいつまで支払うのか

・どれくらいの頻度で子供に会わせるのか

を記載します。

 

親権は、未成年の子の保護者としての権限

監護権は実際に子供を養育する権限

を指しておりますが、

最近では分けないケースが多いです。

 

離婚という覚悟を伝える

不倫された側の苦しみや覚悟を、

不倫した配偶者に正確に伝えることは、

実はかなり難しいものです。

 

そのために誓約書示談書が存在しますが、

それでも弱い場合も多々あります。

 

「次に不倫をしたら、離婚。

この条件で離婚するか、

それとも誠心誠意謝罪し、反省して、

再構築への努力をするか、

どちらかを選んでください。

 

という毅然な態度を取ることで、

こちら側の覚悟を示し、

少しでも早い不倫問題の終息を目指します。

[supsystic-price-table id=13]

※通常の協議離婚の場合における

離婚協議書も作成可能です。

お気軽にお問い合わせください。

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。