高額すぎる慰謝料請求は逆効果?不倫相手への正しい対処法とは

配偶者の不倫発覚は、多大な精神的苦痛となります。
もちろん不倫相手に対しても、負の感情が出てしまうことは人間として自然な感覚と言えます。

そんな中、不倫相手に対し、
「相場以上の高額な慰謝料請求をしてプレッシャーを与えたい」
「実際に払われなくても、とにかく請求だけはしたい」
と言われる方もいらっしゃいます。

相場よりも多額な慰謝料請求をした場合、実際にはどういった反応や流れになるのでしょうか。

不倫の慰謝料額の相場はいくら?

離婚をしない場合、不倫の慰謝料の相場は
50~100万円程度です。

≫関連記事:不倫慰謝料額の目安

この相場については、不倫相手もネット検索等を通じて知っていることが多く、300万円などの相場を大きく外れた高額な慰謝料請求は、不倫相手でも「高すぎるのでは?」と容易に気付きます

慰謝料が高額だと感じた不倫相手の次の行動とは

例えば、離婚しないにもかかわらず、慰謝料300万円を請求したらどうでしょうか。

実際、相場の約3倍もの慰謝料請求をされた不倫相手が、素直に応じて300万円の現金を支払うことはほとんどありません。

・300万円も支払えない(持っていない)⇒どうにか減額できないだろうか

・300万円という請求額は妥当なのだろうか

と考えて、弁護士に相談に行くケースが多くあります。

 

弁護士も当然相場は知っていますから、

「弁護士費用(約70万円ほど)を支払っていただければ、100万円ほどの相場になるように減額交渉しましょうか」と提案します。

①素直に300万円を支払う

②弁護士費用70万円を支払い、相場である100万円程度に減額交渉してもらい、その額を支払う

不倫相手からしてみれば、②を選んだ方がはるかに現実的であると言えるでしょう。

不倫相手が弁護士をたてるとどうなるか

実際に不倫相手が弁護士に依頼すると、その後は

・自分で相手の弁護士と交渉する

・自分も弁護士を立てる(弁護士費用数十万円が掛かります)

の2択となり、どちらにせよ多量の手間、労力、費用が掛かってきます。

相手側の弁護士は、持てる法的な知識やノウハウを駆使して、相手の権利を最大化する(その分あなたの権利を制限する)のが使命であり仕事ですから、一筋縄ではいかないでしょう。

弁護士を雇った不倫相手に、支払い能力が残っているのか

最終的にある程度の慰謝料額で決着がついたとして、
不倫相手にしてみれば、多額の弁護士費用を支払ったあとですから、慰謝料支払いがスムーズに進まない可能性もあります。

(手持ちがないので、支払期日がかなり先だったり、少額を毎月分割する(毎月2万円を25カ月間)等)

不倫問題で最も重要なこととは

不倫問題において、重要なポイントの一つは、
ご自身の精神的負担をいかに早く取り除くかです。
そのためには、

「いかにスピーディに決着をつけ、気持ちに区切りをつけるか」

が重要であると言えます。

無駄を省き、かつ重要なポイントはきっちりと抑えた契約書で、スピーディな解決を目指しましょう。

▼まずは無料作成相談から

 

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です