メール?写真?LINE?不倫の証拠はどこまで必要か

夫の不倫が発覚した時に、
どこまで証拠が必要か
という問い合わせをいただくことがあります。

なぜ不倫の証拠が必要か

不倫の証拠が必要な理由は
不倫の事実の存在を夫や不倫相手に認めさせるため
です。
夫や不倫相手が不倫の事実を認めなければ、
反省や謝罪は生まれません。
何かを約束させるのも難しいでしょうし
慰謝料請求にも応じないでしょう。

ですから、夫や相手が観念して
不倫の事実を認めるだけの証拠が
必要です。

夫や不倫相手がどうしても認めないなら
法廷で裁判官が肉体関係があったと認める
に足るレベルの証拠が必要となります。

そして、夫や不倫相手が不倫関係にあったことを
証明する責任があるのは、不倫された側です。

夫や不倫相手が不倫を認めた場合

不倫を夫や不倫相手に問い詰めた際に
不倫の事実を認めることがあります。

相手が素直に不倫の事実を認めれば
不倫の事実があったことについて
争いがなくなるので、
証拠はもう要らないでしょう

ただし、あとで
「そんなこと言ってない。記憶にない」
「本気で言ったんじゃない。単なる冗談だ」
「やっぱり不倫していない」
「無理やり認めさせられた。本心じゃない」
「あの時は動転してそう言っただけ」
等と言われてしまうと困るので、
”相手が不倫の事実を認めたという事実”を
すぐに誓約書を作成して書面として残しておきましょう。

➢誓約書示談書に自白の事実を記載することで、
後日夫や相手が主張を変えたとしても、
その契約書・誓約書自体が強力な証拠になります

夫や不倫相手が不倫を認めるかわからない場合

不倫していると思うけれど、
夫や不倫相手が認めるかわからない場合
問い詰めた時に相手が観念して
不倫の事実を認める程度の証拠
があるといいでしょう。

これはその人個人の性格によるので
どのレベルの証拠を手元に用意して
おくべきかは、一概には言えません。

問い詰めた時に証拠がなくても
すべて白状する人もいますし
どんな証拠を突きつけても
全力で否定する人もいます。

じっくり時間をかけてできるだけ強力な証拠を
そろえてから問いただすケースもあれば、
時を措かずにスピーディに問いただす
ケースもあります。

夫や不倫相手が不倫を認めない場合

不倫を問いただしたところで、
「君の勘違いだ」
「考えすぎだよ」
「見間違いだ」
相手が簡単に認めないこともあります。

その場合は、裁判するかどうかは別として
相手が観念して不倫の事実を認めるほどの
裁判でも勝てるような証拠が確実です。

証拠①不倫の事実を認める書面

裁判になった時に、何より強いのは証書と
呼ばれる書面による証拠です。

ただし、まだ不倫を認めていない段階で
”不倫を認める書面”があるはずはないので
ほかの証拠を集める必要があります。
※もし口頭やメール等で不倫の事実を
認めているなら、後日のトラブルを防ぐ
ためにも、必ず書面化してください。

証拠②ラブホテル入退出写真

裁判で勝てる不倫の証拠の最たるものは
ラブホテル入退室の写真
です。

もちろん、性交渉そのものの画像があれば
間違いないですが、それは非常に困難です。
ラブホテル入退室の写真について
裁判における裁判官の判断としては、
ラブホテルに入る=性交渉があった
という判断になります。

が、この証拠も自分で収集するのは難しいため
探偵事務所・興信所に依頼し、
尾行させることがほとんどです。

一般に調査費用と呼ばれるこの金額は
尾行調査を何人体制で何時間を何日するか
で大きく変わりますが、
大体数十万~百数十万円程度が多いです。
たとえ調査費用をかけても、
確実に証拠が得られるかは分からない
全額を相手から回収できるとは限らない
点が、注意が必要です。

証拠③肉体関係を推認させるメール

最近では、メールも不倫の証拠として
取り上げられることが多く見られます。

誰がどう見ても肉体関係があった
と思われるようなやり取りであれば
不貞を立証する証拠となり得ます。

が、違法収集との兼ね合いがありますので
「ちょっとした隙にチェックする」
「怪しいメールを外部に転送する」
程度に留めましょう。
携帯電話やパソコンそのものを盗んだり
中のメモリーカード等を盗むのは
違法性が高いので証拠として認められない
ことがあります。
その際、写真があればなおよいです。

夫や不倫相手が不倫を認めたら

話し合いや証拠で相手が不倫を認めたら
・謝罪して関係を断つこと
・もうしないこと
をしっかり約束させることが
夫婦の再構築に何より重要です。

また、約束をした事実をしっかりと
残すために必ず書面にしましょう。

相手が認めた事実を書面にすることで
万一、相手が主張を変えても
その書面自体が有力な証拠となります。

 

不倫の示談書・誓約書作成で当事務所が選ばれる理由

また、当事務所は価格以上に
内容・質に力を入れており、おかげさまで
ご好評いただいております。
単なるA4コピー用紙や、word、pdfデータで終わらせない、改ざん防止の機能性と、相手にプレッシャーを与える重厚な装丁。
国家資格である行政書士が責任を持って作成した証である行政書士の記名、行政書士職印の押印。
お客様から寄せられた疑問や不明点等の声を活かした、特別なマニュアル。
慣れたメールやLINEで相談できる気軽さ。
詳しく知りたい方は、不倫相手との示談書作成不倫した夫にサインさせる誓約書をご参照ください。

 

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です