【不倫トラブルシューティング】メールやLINEは証拠になるの?

裁判でも勝てるような証拠を考えた時に

メールやLINEは証拠になるのでしょうか?

証拠にはなるが、単独では弱い

最近では、メールも証拠として

取り上げられることが多く見られます。

誰がどう見ても肉体関係があった

と思われるようなやり取りであれば

不貞を立証する証拠となり得ます。

 

ですが、

・違法収集との兼ね合いがあること

・メールのやり取りのみで性的・肉体的関係

があったことを認定するのは難しいこと

から、メール単独ではやはり弱い

と言えるでしょう。

 

確実なのはプラスアルファの証拠で固めること

たとえ、いったん不倫を認め謝罪したとしても

あとから

「やっぱり不倫はしていない」

「あの時は気が動転していて」

「記憶にない」

等と言われると困りますので、

証拠として強力なプラスアルファの

証拠を用意しておきましょう。

書類に自白を示すことでプラスアルファの証拠になる

書類に不倫の事実を認める内容を記載し、

サインさせるというのは、

強い証拠となります。

不倫の事実を認める自白を得たら、

時を措かずに書面化しましょう。

 

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です