【不倫トラブルシューティング】不倫が影で継続してた!

一度目に口頭注意で澄まし、再発するケースは多い

「短期間だったから…」

「お酒の勢いだったから…」

「私にも、落ち度はあったし…」

 

こういった判断から、

初めて不倫が発覚した際に、

”夫や不倫相手に口頭注意で済ます”

という寛容な対応をされる方も

少なくありません。

 

しかし一方で、

・実は関係が切れていなかった

・一度は切れたが、すぐ関係が戻った

・ほとぼりが冷めた頃、関係が戻った

といったケースも多く見られます。

 

再再発を防ぐためには

・口約束とはいえ、重大な約束を破った

・不貞行為を繰り返した

 

こういった状況から、

初回より確実な約束を結ぶことが

必要となってきます。

 

再再発を防ぐために、

約束を証拠として残すことの出来る、

示談書の作成をおすすめしています。

 

再再発を防止するための示談書

・一度約束を破っていることを明記する

(口頭注意した日付、内容、違反した日付等)

・違約条項の設定

(再び破った場合のペナルティ)

 

一度約束を破られている場合は、

上記のことを明記しましょう。

 

さらに追加したい内容、

ご相談したい内容がある場合は、

こちらからご相談ください。

▼不倫の問診票

▼まずは無料相談

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です