【不倫トラブルシューティング】不倫相手から絶対に慰謝料が欲しい

慰謝料を支払ってもらうのは大切な権利

配偶者とその不倫相手による不貞行為で

精神的苦痛を受けた場合、

慰謝料を請求するのは当然の権利です。

 

慰謝料の支払い=即、不倫の傷が癒える

とは残念ながらいきませんが、

多少なりとも気持ちが楽になったり、

立ち直るための時間が早くなることも多いのです。

 

確実に慰謝料が欲しい場合の示談書

慰謝料の支払いに強く焦点をあてる場合、

・慰謝料の額、支払い期日、振込先

・手数料はどちらが負担するか(主に支払う側が負担します)

・遅延損害金の設定

・一括で払えない場合、分割払いの設定

(ただし、途中で支払われなくなる等のトラブルが多いため、確実に支払ってほしい場合はあまりお勧めできません)

・求償権について

これらについてきちんと明記しておきましょう。

 

▼作成のご相談、ご質問などはこちらから

 

支払いに最も効力があるのは

また、最も確実なのは、

上記のことをきちんと記載した示談書を

公正証書化する、というものです。

 

公文書となるため、強い証拠能力を持ち、

きちんと条件を記載すれば、

裁判手続き無しで強制執行が可能です。

 

▶公正証書とは何か

▶公正証書化が望ましいケースとは

▶不倫の示談書を公正証書化する

 

別途料金や役所の手続き(当事務所が代行します)

は要りますが、

「絶対に支払ってほしい」という場合には、

非常に有効です。

 

▼示談書の公正証書化

 

▼まずは示談書で慰謝料の設定を

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です