不倫の慰謝料、どう使う?最も多い使い道とは

不倫の慰謝料は、
数万~数百万と幅はあるものの、
それなりに無視できない金額です。

当事務所にご相談いただいた中から、
最も多かった使い道3つを
ご紹介いたします。

1位:残らないものにほどほどに使う

・エステ
・脱毛
・化粧品
・旅行
・高価なディナーetc…

少し贅沢をし、
形には残さずにスッキリさせる、
という使い道です。

全額は使わず、
半分~1/3ほど使い、
残りは貯金、という方が多いようです。

2位:貯める、投資する

使い道もないので貯金する
投資する(損が出ても傷つかないから)

中には、
夫に貸して投資させる、という方も
いらっしゃいました。

3位:パーッと全額使う

手元に残っているのがイヤなので外食などでとにかく使い切る
家族で海外旅行に行き、良い思い出に作り替える

区切りをつけるために、
短期間で使い切るという方も
多くいらっしゃいました。

不倫慰謝料の使い道:番外編

中には、

寄付する
次に浮気したときの調査費用等に取っておく

といった使い道を挙げた方も
いらっしゃいました。

不倫相手からもらった慰謝料は、
「不倫相手が払ったもの」ということは
あまり考えず、
あくまで直感で、
自分の使いたいように使う、
というのがいいのかもしれません。

慰謝料ナシ、というケースは少ない

また、直接慰謝料としてもらわなくても、
調査費や書類の作成費用を
不倫相手に負担してもらう、
という形を取ることも多くあります。

きちんとした示談契約を取り交わし、
違約金も定めることで、
不倫のケジメをきちんとつけられる上、
こちらの金銭負担も
ほとんどなくすことが出来ます。

(慰謝料+作成費用を請求、も
もちろん可能です)

示談契約や慰謝料の支払いは、
不倫問題を終わらせる上で
重要な要素となります。

お悩みの方は
ぜひご相談ください。

▼ ▼ ▼

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です