離婚と持ち家。ローンの残った自宅を売却する?【マイホーム】

離婚を考えるときの
ポイントの1つとして、
自宅(持ち家・マイホーム)の処分
があります。

宅地建物取引士でもある行政書士が
ポイントをお話し致します。

大前提:どちらにしても持ち家(自宅・マイホーム)の査定はしておく

離婚の現実味がどのくらいにしても
離婚がよぎった時点で
大前提として持ち家(自宅・マイホーム)の
売却査定はしておきましょう

離婚で財産分与をする際に、家の資産の
大半を占める持ち家(自宅・マイホーム)
の価値がわかっていないと、何も進みません。

中には、自宅の価格が思ったより安くて、
住宅ローンが残ってしまう場合もありますし
逆に高く売れて、住宅ローンを支払っても
おつりがくる場合があります。

自分で不動産業者に問い合わせるのはちょっと…
という方は、私にご相談ください。
平素から大手不動産業者と関わりがありますので
まずはご自宅を内覧しなくても、
このような形で、業者から査定書を取得が可能です。

査定書の例

また、売却を希望の際は、
業者の担当者へおつなぎ致します。

離婚して持ち家(自宅・マイホーム)に住み続け得るのは難しい

離婚しても持ち家(自宅・マイホーム)に
住み続けたい、という女性が多いですが
実際、住宅ローンがある場合に
・所有名義の問題や
・ローンの支払いが滞る可能性などから
離婚して持ち家(自宅・マイホーム)に
住み続けるのは難しいです。

たとえ支払いを公正証書で定めても
滞納⇒競売⇒立ち退き
となるリスクは防げません。

また、ご自身が連帯保証人や
連帯債務者であったり
ペアローンを組んでいると
たとえ離婚したとしても、
ローン返済の責任はついて回ります。

繰り返しになりますが、
離婚がよぎった時点で、
まずは持ち家(自宅・マイホーム)の
売却査定をしておきましょう。

売却査定書の取得を依頼したい方はこちらを入力ください

自分で不動産業者に持ち家(自宅・マイホーム)
の売却査定を依頼する方は以下のリンクをご利用ください。
◆野村不動産アーバンネットの無料査定はこちら


住友不動産販売のカンタン無料査定はこちら

◆スマイスターの一括査定はこちら


▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です