離婚協議書~夫(妻)と話し合い、条件を定めて離婚する~

離婚協議書とはなにか

離婚協議書とは、
夫と妻が離婚をするにあたって、お互いに合意した条件を記載する契約書です。

離婚協議書を作成する必要性

とにかく離婚をしたいのだけれど、離婚協議書を作成しないと離婚できないの?
離婚協議書を作成しなくても、離婚届に双方が署名捺印して、役所に提出すれば、協議離婚は成立します。また、離婚に当たっての条件についても、お互いの口約束でも成立します。
ですが、離婚した後で、次のようなトラブルが起きる可能性があります。

 

「養育費を支払うと言っていたのに、支払われなくなった!」

「慰謝料を支払うと言っていたのに、そんなこと言っていないと言われた!」

約束を交わしていても、書面化していないと、トラブルになった時に、言った言わないの水掛け論になってしまいます。このような離婚後のトラブルを防ぐためにも、夫と妻のお互いが合意・納得した事項については、しっかりと書面化しておくことが重要です。

離婚の意志が固くないとき

実際に離婚をする気はあまり無いけれど、夫がこちらの言い分を軽く見ているので、本気であることを伝えて反省を促したい。
こちらに離婚するつもりが実際になく、再構築を考えている場合も、離婚協議書を用意して、夫に提示し謝罪や反省を促すのも有効です。

離婚協議書の様式

離婚協議書は私製契約書の一種ですから、特段様式は定められていません。

ですが、いざトラブルになった時に、役に立たない離婚協議書では作成した意味がありません。

将来発生するトラブルを未然に防ぐ、抑えるということが離婚協議書作成の目的ですので、しっかりと専門家に作成依頼することをお勧め致します。

離婚協議書に記載しておくこと

離婚協議書には、「後日のトラブルを防ぐ」という目的があります。

ですから、トラブルになりそうな点、不安な点を漏らさず記載しておきましょう。

子供がいるので、養育費はしっかりと支払ってもらいたい。
毎月何万円を何歳まで、というような記載が可能です。
まとめ:不倫の示談書に記載すること
✓ 慰謝料の有無。金額はいくらで、いつまでにどのように支払うのか。
✓ 財産分与の内容。何をどのように分けるのか。いつまでに引き渡すのか。
✓ 親権者の決定。夫婦間の子供の親権者は父と母のどちらにするのか。
✓ 養育費の有無。金額はいくらで、いつまで、どのように支払うのか。
✓ 面会交渉の頻度、条件。親権者でない親は、どの頻度で、何時間会えるのか。
✓ 厚生年金の合意分割割合。割合をどうするのか。
※婚姻中に築いた資産や負債の大小、子供の有無によって記載すべき事項は増減します。
※一般的には、婚姻期間が長ければ長いほど、夫婦で分け方を決めるべき事柄が多くなります。

不倫→再構築ドットコムが作る 離婚協議書

夫婦で取り交わす離婚協議書

契約書に必要なのは、適切な内容や専門的な
体裁・文言だけではありません。
重みのある装丁で相手にプレッシャーを与え、
契約の順守を後押しします。

精神的プレッシャーを与える装丁

①レザック製本仕様

不動産の契約書にも使用されるレザック紙を表・裏表紙に使用。重たい契約であることを示します。

②記名職印

契約書下部に作成代理人として、行政書士の記名・押印が付きます。プロが作成したことが証明されます。

③職印による契印・割印

職印による契印と割印が付きます。差し替え改ざんを防止ぎ、重要な契約を守ります。

④専門性の高い文章

公正証書を作成する際の体裁に沿って作成します。多少難解ですが、専門性の高さから強いプレッシャーを与えられます。

※ネット上のテンプレート等を使用し、ご自身で作成されることも可能ですが、現状とつじつまが合っていなかったり、リスク回避ができていないことが多く、そのミスを相手に気付かれ、悪用されるケースもありますので、注意が必要です。
弁護士や行政書士等の専門家の中でも、夫婦問題の契約書を専門としていて、記名と職印の押印をするところに依頼することをお勧めします。

▼まずは無料作成相談から

法的拘束力があります

個人間で交わした離婚協議法的拘束力を持ちます。離婚協議書を交わしていれば、後日、「そんな約束してない」等、主張や言い分を翻された場合に、協議の事実・約束の存在を証明します。

a

PRICE

- 離婚協議書の作成 —

レザック綴じ製本×2部
製本後の修正1回無料

¥50,000

例えば、離婚の主な原因が配偶者の不貞項であった場合、そもそも不倫がなければ、離婚協議書の作成費用は発生しませんでした。不倫を行なった不倫相手および配偶者に、作成費用を請求することは一般的な考え方であり、相手方が合意すればもちろん可能です。いったん立て替えて、後日支払わせて補填する場合や、当事務所に相手方が直接振り込む方法等があります。

・作成を依頼したい
・作成したいけど悩みがある
・もう少し詳しく知りたい
・相手とどのようにやり取りしていいかわからない……

▼まずは無料作成相談から

よくあるご質問

Q 作成費用の他に相談料などはかかりますか?

A, かかりません

無料作成相談のご入力から回答・その後のご相談にいたるまで、すべて無料です。作成の段階になりましたら、作成費用のみをお支払いいただき、作成がスタートいたします。

Q, サインの段階で、内容を変えてほしいと言われたら?

A,  製本後の修正も無料で承ります(初回限定)

製本前の内容については、ご納得のいくまで修正を承ります。製本後に内容の変更が生じた場合は、訂正印を押して部分修正いただくか、ご自身で作り直していただく等の方法もありますが、1回であれば無料で修正・再製本いたしますのでご安心ください。どちらも書面の効力は変わりません。

Q,  完成までにどれ位かかりますか?

A, 平均して一週間程度です

ご相談の進み具合にもよりますが、平均して1週間程度見ていただければと思います。ご依頼内容が明確に決まっていれば、最短即日での作成も可能です。

Q, 公正証書にはできますか?

A, 可能です。

可能です。作成した離婚協議書を最寄りの公証役場へ持参し、ご自身で公証人と相談のうえ公正証書化していただくこともできますし、当事務所で公正証書を代理作成することも可能です。お気軽にご相談ください。

a

VOICE

ご回答いただいたアンケートの
一部をご紹介いたします。

まとめ:不倫→再構築ドットコムが作る離婚協議書の効果
✓ 離婚の条件を確定させる
✓ 慰謝料の支払いについて設定する
✓ 親権・養育費について記載する
✓ 合意した内容を形に残し、
  後日のトラブルに備える
✓ 装丁・職印でプレッシャーを与える
✓ サインしなかった場合でも、
  相手の悪質性を示す証拠となり得る
✓ 離婚問題を穏便かつスピーディに
  終わらせる

離婚協議書作成で当事務所が選ばれる理由

当事務所は価格以上に
内容・質に力を入れており、おかげさまで
ご好評いただいております。

改ざん防止の機能性と、相手にプレッシャーを与える重厚な装丁。
国家資格である行政書士が作成した証である行政書士の記名、行政書士職印の押印。
お客様から寄せられた疑問や不明点等の声を活かした実用マニュアル
慣れたメールやLINEで相談できる気軽さ。

マイホーム、不動産、住宅ローン、共有名義、連帯保証等は、単純な法律知識だけでなく、不動産知識が必須ですので、ご自身でやろうとせず、ご相談することをお勧めいたします。

当事務所は、代表者が行政書士であるだけでなく、不動産会社勤務経験のある宅地建物取引士でもあるので、ぜひご相談ください。

無料作成相談

行政書士より直接ご返信いたします

無料作成相談のポイント
☝フルネームでなくとも入力可
☝所要時間は1~3分程度
☝入力~行政書士回答・ご相談まで、
 すべて無料
☝行政書士と直接やりとり
☝半日程度でご返信いたします。
スピーディな解決を目指しましょう。

✧作成相談をご入力いただいた上で
作成をご依頼いただいた限定で、
取り扱いマニュアルを進呈しております。

誓約書取り扱いマニュアル

郵送時に同封いたします

▼現状をご相談ください

ー 無料作成相談 -










配偶者(夫or妻)に書かせる誓約書の作成不倫相手と交わす示談書の作成内容証明郵便の作成・発送離婚協議書の作成その他未定


入力したメールアドレス宛にメールLINEでのやり取りを希望

 


※携帯電話のメールアドレスは、迷惑メールフィルタの設定により受信拒否となってしまい、ご連絡・やりとりできないことが多いため、迷惑メールフィルタを弱にするか、パソコンのメールアドレス(gmailやyahoo等)をご入力ください。

 


プライバシーポリシー(個人情報保護方針)を確認、同意しました。
  ☚チェックをお願いいたします。

※送信いただくとすぐに、自動返信にて完了通知メールが届きます。
自動返信メールが届かない場合は、
・メールアドレスの入力間違い
・メールフィルタの設定により受信できていない
・迷惑メールフォルダに分類されている
等が原因として考えられますので、まずは完了通知メールが無事に届くかどうかを確認してください。

➤ お客様の声・実例紹介更新

➤ TOPへ

➤ 料金表

➤ 示談書作成の流れ

➤ 誓約書

▼慰謝料を決める要素とは

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です