マイホームの市場価値がいくらなのかを査定しておく

(最悪離婚になるかもしれない…)

(絶対離婚したい!)

(離婚を切り出せば思い直してくれるかも)

など、離婚を視野に入れる場合に

マイホームの市場価値がいくらなのかを

あらかじめ査定しておくことは重要です。

もちろん、

査定額は実際の売却額ではないので

ずれは生じますが、

それでも一つの目安となります。

マイホームを査定しておくメリット

マイホームの市場価格がわかれば、

次のメリットがあります。

ローンがない場合の財産分与

査定の結果、マイホームが2,000万円。

そして貯金が1,000万円。

とするならば、

夫婦の財産は計3,000万円のプラスであり

1,500万円ずつ分ける必要があります。

(割合をどうするかは話し合いによります)

例えば夫はマイホームに住む代わりに

貯金の1,000万円は妻のものとし、

夫はもう500万円を

毎月〇万円に分割して妻に支払う。

という取り決めも可能ですし、

マイホームを売却してしまい、

夫婦で1,500万円ずつ分ける、

ということも可能です。

マイホームの市場価格がわからないと

財産を公平に分けることが難しいです。

住宅ローンがある場合

例えば、3,000万円で売れるけど、

2,800万円ローンが残っている場合

差し引き200万円、つまり

夫婦で200万円のプラスです。

 

夫がマイホームとローンを引き継ぎ

妻に100万円渡すか、

売ってしまって残った200万円を

二人で100万円ずつ分けるか

という話ができます。

オーバーローンになる場合

住宅ローンの残りが市場価格を下回る場合

マイホームを売却してもローンが残る

いわゆるオーバーローンが発生します。

 

例えば、住宅ローンの残りが

3,000万円で、市場価格が2,800万円

だとしたら、200万円足りません。

夫婦で200万円のマイナスです。

 

その場合は、

夫がマイホームと住宅ローンを引き継ぎ

妻が夫に100万円を渡すのか、

二人が100万円ずつ用意して返済に充て

売却して終わらせるのかという話ができます。

査定によって結論結論が変わることも

マイホームを査定したところ

売却額が思ったより高くない

オーバーローンで財産分与どころではない

ということもあるでしょうし、

思ったより高く売れるから、

慰謝料支払いや財産分与がスムーズにいく

事もあるでしょう。

 

いずれにせよ、

マイホームの市場価格を知っておくことは

二人の結論に大きな影響を及ぼします。

マイホームの査定の仕方

通常は、不動産会社1社との

専任媒介契約を結ぶことになるので

とりあえず市場価格を知りたい場合は

1~2社程度。売却したい場合は3社や

一括査定に出すのがいいでしょう。

 

お勧めは、

やはり大手で日本全国対応の会社です。

住友不動産販売

有名な不動産屋には直営とフランチャイズ

(業者に看板を貸している)がありますが

住友不動産販売は直営では業界1位で、

売却力には定評があり、

査定サイトも使いやすいのでお勧めです。

住友不動産販売のカンタン無料査定はこちら

画像の通り、4つのステップ(マンションか戸建てか、都道府県、市区町村、町名)

を入力して、

次の画面で間取りや広さ等の不動産の情報と

自分の情報を入力しますが、

査定方法も

営業マンの訪問か、簡易的な机上査定か

を選ぶことができます。

金額は知りたいけど、

いきなり営業マンに来られるのはちょっと…

という人にお勧めです。

住友不動産販売のカンタン無料査定はこちら

イエシル

一括査定の不動産版ともいえる

リブセンスが提供するイエシルです。

最短60秒で金額査定。相場を掴んで売却をスムーズに/1日20名様限定

メリットとしては、1回で3社から連絡が来て

査定が取れる事。

デメリットとしては、営業をされることと

東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県しか

対応していないことが挙げられます。

売却の意思が固い場合にお勧めです。

最短60秒で金額査定。相場を掴んで売却をスムーズに/1日20名様限定

まずはマイホームの市場価格を知り、

離婚するかどうかを詰めていきましょう。

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です