【復讐?仕返し?】不倫相手への正しい対処法3つ

不倫の悲しみ

 

夫の不倫が発覚したとき、

多くの方は、

不倫相手に対して強い憎しみを覚えます。

そしてそれは当然のことです。

 

どんな理由があれ、

故意に夫と肉体関係を持った不倫相手は、

あなたの家庭の平和を壊し、

妻としての権利を侵害しているからです。

 

かといって、

憎しみのままに行動してしまっては、

あなた自身が罪に問われてしまう可能性もあります。

不倫発覚時にやってはいけないこと

 

不倫相手への正しい対応

不倫相手へのマイナス感情は、

間違った使い方をしてしまうと、

あなた自身を危険にさらしたり、

不倫関係を悪化させる可能性もあるのです。

 

不倫相手に正しく立ち向かうためには、

3つの要求があります。

 

①謝罪をしてもらう

②慰謝料を払ってもらう

③二度と夫に近づかないと約束してもらう

 

これらは、

今後の夫婦関係改善のため、

そして傷ついたあなた自身の精神安定のために、

とても重要になってきます。

 

①謝罪をしてもらう

不倫相手と連絡が取れるのであれば、

きちんとした形で謝罪をしてもらいましょう。

 

ただ単純に、

「すみませんでした」

と言わせるだけでは、安心できません。

 

謝罪をした数日後には、

夫とこっそり連絡を取り合ってホテルへ…

ということも珍しくありません。

 

謝罪に重い意味を持たせるためにも、

是非書面にして、カタチとして残してください。

 

・記録として残る

・ペナルティを設定できる

(破った場合の罰金(違約金といいます))

 

書面にすることで、

これらの重しが不倫相手にのしかかります。

>>不倫相手に形に残る謝罪をしてもらう

 

②慰謝料を請求する

不倫の期間が長い場合、

悪質な場合、

精神的苦痛が大きい場合…

 

このようなときは、

慰謝料を請求する方法があります。

>>慰謝料を請求できる条件

>>慰謝料額の目安

 

 

不倫相手が素直に

・「その金額で払います。」と言い、

・かつ本当に支払ってくれるパターンは、

残念ながら稀です。

 

請求額や振り込み先、

また、

不倫相手が支払いに了承したことを記録に残すためにも、

示談書を作成し、

これらのことを明記しましょう。

>>示談書ってどんなもの?

 

 

①の謝罪や、②の慰謝料請求をしたいけれど、

不倫相手と連絡が取れない場合は、

内容証明郵便を送るという方法があります。

 

>>内容証明郵便を発送する

>>内容証明ってどんなもの?

>>どんな効果があるの?

 

③二度と夫に近づかないと約束してもらう

この<約束>をより強固なものにするには、

 

・示談書として残す

・装丁のしっかりしたものを作成する

・作成代理人として、行政書士の記名と職印をいれる

 

という方法があります。

 

紙きれ1枚では、

「こんなので本当に大丈夫?」

「なんだか心もとない…」

と感じる方もいらっしゃいます。

 

専門家の作成した文章、

丁寧な装丁、

行政書士の記名・職印、

 

これらを備えることで、

より重みのある示談書となります。

 

>>示談書の作成について詳しく読む

 

➤ 料金表

➤ 作成の流れ

➤ お客様の声・実例ご紹介

▼まずは無料相談

【相談料は一切かかりません】
(お支払いはご依頼となった場合の作成費用のみとなります)

依頼する上でお悩みがある方、
依頼をご検討・ご希望の方、
こちらから現状をご相談ください。

【設問12問/所要時間約3分】
半日前後で、行政書士より直接メールにて回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です