自分で不倫の示談交渉するときのコツ 4つのステップ

不倫相手と話し合いで解決することを

示談と言います。

 

ここでは不倫相手と示談をする場合の

手順を見ていきましょう。

 

STEP1 相手は誰か、連絡先はわかるか

配偶者が不倫していたとしても、

相手がわからないことには

時効もスタートしません。

 

相手は誰か

相手の住所はどこか

そして、やり取りをするための

連絡先(電話番号やメールアドレス)を

確認しましょう。

 

方法としては、

・配偶者に聞く

・探偵事務所(=興信所)へ依頼する

参考リンク 24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

参考リンク 大手弁護士法人が運営【ALG偵社】

参考リンク 不倫/浮気調査専門の【HAL探偵社】

が挙げられます。

調査費用は高額(数十~百万円)のため、

回収しきれないことがありますので

注意が必要です。)

 

生計を一にしている夫婦の場合、

夫としても高額な費用は避けたいものです。

「不倫相手の情報を教えてくれないなら、

探偵事務所へ依頼するしかない」

と匂わせることで、

夫から情報を引き出せるケースもあります。

 

STEP2 相手と連絡し、やりとりをする

電話やメールで反応がないときは、

自宅宛に内容証明郵便を送ること

(もしくは、そうすると告げること)

も対策の一つです。

 

不倫相手が

独身実家住まいや、既婚者の場合

家族に知られてしまうという懸念から

自宅に内容証明郵便を送られるのを

嫌がり、交渉に応じるケースがあります。

 

また、内容証明郵便自体も相応の

心理的プレッシャーを与える郵便物です。

 

逆に、相手がどうしても交渉に

応じない場合も稀にあります。

裁判を視野に入れる場合、

内容証明郵便を送っておき、

話し合いをしようと試みたが拒絶された

という記録を作っておくと

慰謝料額認定時に有利に働きます。

 

また、配偶者を挟んだやり取りは

好ましくありません。

 

可能な限り、

直接のやり取りにしましょう。

 

STEP3 お互いが納得できる条件を決める

まずは相手が示談をし、書面を交わすつもりが

あるのかどうかを確認しましょう。

 

相手が合意すれば、

次は条件を決めていきます。

お互いが納得する条件を決めましょう。

 

条件の決め方については、

・メール等の履歴が残る形でやりとりし

 お互いが合意してから書面化する方法

・書面をあらかじめ作成の上面談し、

 その場でそのままサインさせるか、

 条件を部分訂正の上サインする方法

などのやり方があります。

 

 

無理やりサインさせると、あとで無効だ

と言われる可能性もあります。

お互いが合意する内容で、

示談をしましょう。

 

 

▼交渉テクニック

 

STEP4 書面に残す

お互いが合意出来たら、

しっかりと書面を残しましょう。

 

単なる口約束でも契約は有効に成立しますが、

「そんな約束知らない!」

と言われた際に、契約した事実を証明する

ことが口約束では困難です。

 

合意した内容を書面で残すことで、

蒸し返しやひっくり返し等のトラブルが

防げます。

 

また、のちのち約束が守られなかった場合、

契約違反による違約金などが請求できるように

なります。

要点を抑えた書面を残しましょう。

 

当事務所では書面の作成だけでなく

交渉の進め方のアドバイスも致します。

一人では不安という方は、

下記の無料作成相談より、

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

➤ 料金表

➤ 費用を相手に負担させる

➤作成の流れ

➤ お客様の声・実例紹介更新

 

せっかく書類を作っても、

サインしてくれるか不安・・・

その場合はコチラをご確認ください